Papa Lohas

LOHASで健康的な子育てを目指すパパブログ。小学生になった息子の学習の取り組みについての話題。

早くしなさいっ!と口ぐせのように叱っていませんか?

      2015/12/07

毎日、子どもと顔を付き合わせているとイライラが募ります。

なぜか、段々と余裕がなくなってしまいます。

まるで、LIFE値が減って行くような感じて。

 

相手はほんの5~6さいの子どもなのに、ちょっとでも遅いと感じると

「早く~」

と口走ってしまいます。

 

 

しかも、それがだんだんとエスカレートしてくるんです。

気がつけば日に何度も。

早くしなさいが口ぐせになっていました・・。

 

食事が遅いと「早く食べなさい」

 

お出かけの準備でもたもたしてると「早く~」

 

一緒に歩いていても、だんだんと遅れてくると、 「もぉ、はやくおいで..」

 

 

成長のスピードと親の要求が合っていないのでしょうね。

これでは子供もたまりません。

 

ちょっと親として反省です。

 

alone

ずーっと「はやく!」と言い続けていて思ったのは、

いくら言ってもそんなすぐに早くはならないと言う事です。

むしろ、「早くしなさい」と毎回言われるとその時間お互い全然楽しくないばかりか、逆効果のような気もします。

 

子どもにしてみれば、嫌な時間が来たな・・と思うだけです。

はやくしなきゃ・・とは思わないのです!

しつけの範囲をこえて、なんでもかんでも「早く」となったら、要注意ですね。

 

以前、茂木健一郎さんが講演で

「子どもはなんでもかんでも、探してでも褒めろ。褒めのアスリートになれ!」

と言われてましたが、こういう時こそこれだ! と思いました。

 

 

今までとは違い、すこしでも早くできた時を見過ごさずに褒める!

 

箸をパッと手に持った時、靴下をはいた時、シャツのボタンをとめた時、「早く!」と叱ってたとき以上に多く褒めるようにしてみようと思います。

 

 - 親子