Papa Lohas

LOHASで健康的な子育てを目指すパパブログ。小学生になった息子の学習の取り組みについての話題。

子供にもおすすめウォーターフロス Waterpik ウォーターピック・ウルトラ レビュー

      2015/10/26

食事の度につまようじのお世話になります。

でも、今時のつまようじって本当はあまり良くはないんですよね。

漂白剤に浸して白くしているそうです。

 

その他、防腐剤など、どんな添加物を使っているのかよくわかりません。

 

日本製は皆無か、見つけても使い捨てにするにはもったいないお値段です。

そこで、

子供が虫歯になり、歯医者に行ったのをきっかけに、 ウォーターフロスを購入することにしました。

SPONSORED LINK

 

最近テレビでフィリップスのソニッケアー エアーフロスのCMを見て、

「これこれ!」

と、ネットでいろいろウォーターフロスのレビューを調べてみました。

 

フィリップスのエアーフロスは、水タンクが一体なので使い回しがよく、水も飛び散らないので小学低学年でも共用できそうです。

 

 

しかし、こちらのソニッケアー エアーフロスは、少量の水を瞬間的に当てるタイプなので、 もうひとつ洗浄力に欠けるというような書き込みを見ました。

 

食べかすを吹き飛ばすくらいの強力な洗浄力のあるものの方がよいかな~

 

いろいろレビューを見ている中、ウォーターフロスで高評価だったのは、

Waterpik ウォーターピック・ウルトラ 50Hz。
(西の方へお住まいの方は60Hz)

 

 

これに決定しました。

こちらを選んだ理由は、水圧が強いこと。 それと、子どもでも大丈夫なように水圧コントローラーが付いていることです。

 

 

もち手の部分も軽いので子どもでも取り回しが楽でした。

 

さっそく歯磨きした後、子どもに使ってもらいました。

 

 

鏡を見ながら、

「歯と歯の間にあててごらん」

 

最初はビチョビチョになりながらですが、段々上手に歯間を狙えるようになりました。

 

子どもは半分ぐらいの水圧でよさそう。

持ち手のボタンを押すと水が止まります。

 

歯をよく磨いていても、歯間からは食べかすがいつも出てきます。

歯磨きだけではダメなのがよくわかりました。

 

タンクに水一杯で、大人と子ども2人分くらいです。

口に入れるピックは自分専用のものを取り替えられます。

付属のピックは歯間用が2本、歯周ポケット用3種類、舌用と5本セットになっています。

 

 

これからの季節、タンク内の水はこまめに流して、中を清潔に保っておきたいですね。

家では歯周病予防に、歯医者さんでも勧めていたこちらを数的タンク内に垂らして使っています。

 - グッズ