Papa Lohas

LOHASで健康的な子育てを目指すパパブログ。小学生になった息子の学習の取り組みについての話題。

COOLPIX S32購入レビュー

      2015/10/23

子供用に購入した防水デジタルカメラ。
ニコンのCOOLPIX S32が届きましたので早速レビューです。

子供向きとはいえ、
頑丈な質感でアウトドアなどのレジャー用としても良さそうなカメラです。

COOLPIX S32レビュー

購入基準は防水、落としても壊れない、操作が簡単なこと。

この辺りを基準に3機種に絞って購入前レビューを行なっていました。
前記事→子供向けに防水・耐衝撃性能の本格デジカメ3機種を比較

SPONSORED LINK

COOLPIX S32レビュー

COOLPIX S32の防水性能は10m、水深1~2mでの急な加圧にも耐えられそうです。

密閉されているので多少のホコリや砂にも強い防塵設計となっています。

耐衝撃は1.5mからの落下にも耐えられる設計。

 

子供が誤って手を滑らせたり、どこかにぶつけたとしても焦ることはありません。

ツルンとしたボディが小さな子供の手によく馴染みます。

 

持った感じ、底辺部に重心があり安定感も良いです。

表示できる言語は、英語、日本語、そしてひらがな。

ひらがなは小さな子供でも操作できるようにとの配慮でしょう。左の4つのボタンで表示を変えることができるのも子供には使い勝手が良いように思います。

 

この辺り、子供向きに配慮しているとレビューでも高評価でした。

ただ、タブレットなどのタッチ操作に慣れた子供は最初少し戸惑うかもしれません。

COOLPIX S32のひらがなモード

 

操作ボタンは、右の十字キーで右左、画面左にボタンが表示されると4つボタンで操作できるようになっています。

 

上部は左から赤丸のビデオボタン、電源ボタン、静止画シャッターとなっています。

再生ボタンは右面の丸い十字キーの下に配置されています。

COOLPIX S32背面

液晶画面は2.7型、普段使いには十分な大きさです。

再生ボタンでは撮った写真の編集のほか、スライドショーやカレンダー表示、写真に音声メッセージをつけることもできます。

 

スライドショー機能ではかわいいキャラクターが写真に合わせて登場し、写真を飾りながら次々めくってくれます。スライド方法もいろいろ選べ、子供の撮った写真をカメラ単体で楽しく見ることができます。

 

COOLPIX S32スライドショー

 

の他、再生モードには採点マークが付けられる採点機能があります。

子供の撮った写真で「コレは良い」と思ったらマークすることができるんです。

マークは「大変良くできました」と「よくできました」の2種類。

 

時々チェックして、「こういう写真がいいんだよ~」とさり気なく教えることができそうです。

 

COOLPIX S32採点モード

採点マークは王冠とメダルです。

それぞれタグ付けされていて、スライドショーで見ることもできるようです。

 

2014-09-27-15.18.31

撮影時、基本はオートで十分です。少し暗くなると自動でフラッシュされることもあるので、一応フラッシュはOFFにしておいたほうが無難です。

 

選択できるシーンモードは14種類

夜景をとる・アップでとる・食べ物をとる・観察写真をとる・水中でとる・続けてとる・花火をとる・逆光でとる

その他にも、鏡に映す・ビー玉に映す・ネオン風にとる・マンガ風にとる・ふんわりとる・ミニチュア風にとる..といった加工撮影も用意されています。

 

再生モードから選べる「写真であそぶ」モードは9種類

アルバムを作る・魚の眼で見る・トイカメラ風にする・ふんわりさせる・キラキラさせる・ミニチュア風にする・色を変える・好きな色を残す・写真をかざる

 

充電

カメラが届いてすぐに3~4日旅行へ行く事になりました。

子供はウキウキしながらカメラを首からぶら下げていましたが、なんと充電器を持ってくるのを忘れていました。カメラデビュー早々、省電力撮影です。

 

1日、2~30枚、動画撮影などもやっていた4日間でしたが、バッテリーの持ちは思いの外、良かったように思います。再生を極力避けていればフル充電時の最大撮影枚数は220枚だそうです。

 

充電は背面のフタを開けてUSBを差し込む形でおこないます。

ボタンをカチッとずらしフタをスライドさせて開るようになっています。

COOLPIX S32底部分

 

フタをあけっぱなしの状態での充電なので、開いたフタの部分が無防備になってしまいます。

そこがこのCOOLPIX S32で唯一心配なところです。間違ってポキっとやってしまわないよう充電時は注意が必要です。

まぁでも密閉性重視なので仕方ないですね。

別売りでバッテリーを取り外して充電できるチャージャーも購入できるようです。

 

COOLPIX S32充電ソケット

右のソケットが充電用、左のソケットはテレビへつなげることで写真や動画などを大画面で見ることができます。

感想

COOLPIX S32が届いて初期設定を行なった以外、ほどんど子供が触っているのを見ているだけで任せっきりになっています。

使用説明書も子供向きに「かんたんガイド」が用意され、それをパラパラめくりながらどんどん使い方を覚えているようです。

 

時々、写真をチェックさせてもらっていますが、採点機能は良いですね。

こういう写真は良いよ!と採点マークを付けてメッセージを送ることができます。

 

息子は小3なので、当初はまだ少し早いかな・・と思っていましたが、周りのお友達もけっこう自機を持っているようですし、このカメラを手にしてかなり嬉しそうで丁寧に取り扱ってくれています。

COOLPIX S32の価格は1万円程度、カカクコムで見ても、楽天Amazonとだいたい横並びです。

前回チェックした時は、入荷待ちが多かったのですが、在庫も回復しているようです。価格もちょっとだけ安くなっていますね。

子供に持たせる以外にも、海や川、スキー場などで活躍してくれそうなタフなデジカメです。2番機を子供に預ける・・といった感じでしょうか。

 - グッズ