Papa Lohas

LOHASで健康的な子育てを目指すパパブログ。小学生になった息子の学習の取り組みについての話題。

健康

夏バテに効く食べ物

投稿日:2012年6月29日 更新日:

SPONSORED LINK

北海道にいた頃は、あまりクーラーの冷気に触れることはなかったのですが関東では必須になりそうです。

これから夏になると、クーラーの効いた場所から暑い外へ出たり、 その逆もあり身体が壊れやすい季節になります。

気温の急激な変化は体調を崩しやすいといいます。夏バテ予防をしておいたほうがよさそうです。

夏バテ対策食品

とうがんは日中に体にこもった熱をさますはたらきがあります。他にきゅうりにも同じ働きがあります。
雰囲気的にスイカもでしょうか?

レモンなどに含まれるクエン酸は夏バテからくる食欲不振や疲労回復によいそうです。

クエン酸にはたまった疲労物質をエネルギーに変える効果もあるようです。

 

夏バテと言ったら胃腸の不調から来ますからね。

 

シソはブドウ球菌などによる食中毒予防のほか、鎮静効果、貧血予防、血液をさらさらにしてくれます。

シソはベランダ菜園で栽培される方も多い植物ですが、一夏家族で消費するには3株くらい必要かもしれません。

ちなみに赤シソはポリフェノール、青シソはカロチンが豊富に含まれています。

 

 

 

とろろおくらなどのネバネバ系はムチン、ペクチン、食物繊維が多く整腸作用やダイエットにも良いと言われています。

その他、ビタミン、カリウムなどもたくさんとれるので汗で流れたミネラルの補給にもなります。







-健康

執筆者:

関連記事

時計遺伝子の時間帯別からだへの影響まとめ

時計遺伝子は身体中のほぼすべての細胞に存在し、私たちの生活リズムは時計遺伝子のオン、オフによって刻まれています。

汗腺トレーニングで休眠汗腺を目覚めさせましょう

SPONSORED LINK 冬の間、あまり汗をかかない生活が続くと汗腺が弱り休眠状態になっているそうです。 休眠汗腺の状態で汗をかきはじめると、濃い汗が出て粘っこくなってしまいます。 そんな身体の状 …

体調を崩す前に!秋の風邪予防

例年、この時期の平均気温の寒暖差は3.9度くらいですが、今年の10月、平均気温の寒暖差は10.6度と急激な温度変化となっているようです。

生わかめ(フコダイン)で胃痛がなくなりました

SPONSORED LINK 最近、珈琲の飲み過ぎからか胃痛がするようになりました。 飲むとキリキリ、やめると収まるんです。   そんな珈琲ですが、なかなかやめられないものです。 &nbsp …

悪い汗は加齢臭の原因になります

SPONSORED LINK 加齢臭の原因には 皮脂の酸化や汗による菌の繁殖の他、歯周病、胃腸等があります。その中でもこれからの季節気になるニオイの原因は皮脂と雑菌です。 前回投稿した休眠汗腺が残った …