Papa Lohas

LOHASで健康的な子育てを目指すパパブログ。小学生になった息子の学習の取り組みについての話題。

健康

夏バテに効く食べ物

投稿日:2012年6月29日 更新日:

SPONSORED LINK

北海道にいた頃は、あまりクーラーの冷気に触れることはなかったのですが関東では必須になりそうです。

これから夏になると、クーラーの効いた場所から暑い外へ出たり、 その逆もあり身体が壊れやすい季節になります。

気温の急激な変化は体調を崩しやすいといいます。夏バテ予防をしておいたほうがよさそうです。

夏バテ対策食品

とうがんは日中に体にこもった熱をさますはたらきがあります。他にきゅうりにも同じ働きがあります。
雰囲気的にスイカもでしょうか?

レモンなどに含まれるクエン酸は夏バテからくる食欲不振や疲労回復によいそうです。

クエン酸にはたまった疲労物質をエネルギーに変える効果もあるようです。

 

夏バテと言ったら胃腸の不調から来ますからね。

 

シソはブドウ球菌などによる食中毒予防のほか、鎮静効果、貧血予防、血液をさらさらにしてくれます。

シソはベランダ菜園で栽培される方も多い植物ですが、一夏家族で消費するには3株くらい必要かもしれません。

ちなみに赤シソはポリフェノール、青シソはカロチンが豊富に含まれています。

 

 

 

とろろおくらなどのネバネバ系はムチン、ペクチン、食物繊維が多く整腸作用やダイエットにも良いと言われています。

その他、ビタミン、カリウムなどもたくさんとれるので汗で流れたミネラルの補給にもなります。







-健康

執筆者:

関連記事

2013年の花粉は大量飛散?花粉症の方は要注意!

L4youの花粉症治療最前線!効果的なのは初期療法

関東では雪もちらつき、一段と寒さが増してきました。
冬真っ盛りですが、花粉症の人にとってはまもなくつらい季節がやってきます。
鼻づまり、目の痒み、くしゃみなど、
花粉症の患者数は全国で3000万人以上、4人に1人が花粉症なのだそうです。
関東地方の花粉の飛散量は例年の1.5倍
去年と比べると3倍になる見込みです。
投稿記事→2013年の花粉は大量飛散?花粉症の方は要注意!

L4you(エル・フォー・ユー)の花粉対策特集では、
花粉症は早めの治療が効果的で、
早期に治療を開始することで症状を格段に軽くすることができる、と伝えています。

子供の虫歯は初期のうちに!定期健診がオススメ

子供の虫歯は初期のうちに!定期健診がオススメ

子供の歯の健康を考え、甘いモノを控えたり市販のジュースを飲まないよう幼い頃から気をつけるようにしていました。4,5才くらいまではチョコやアメなどを極力控えてたこともあってか虫歯もなく健康な歯をしていたのですが、小学校に入ると少し黒い部分が出始めて来ました。
さすがにこのくらいの年頃になると甘いものも欲しがるわけで、学校で一日中体力と頭を使っていると甘いおやつをダメとも言い難くなります。
自分で磨けるようになると、親もついついしっかり磨けているかチェックするのを忘れがちになります。その結果がすぐに虫歯に繋がります。意外と磨き残しは多いですね。
早期発見、早めの治療で軽くすみましたが、定期検診は欠かさないほうがよさそうです。
虫歯の原因は、体質や環境、唾液の成分であったり細菌の量など人それぞれだと言われています。
特に子供の場合、食事の回数、つまり間食や寝る前になにか口に入れるとかそういうことで起こると言われています。

今流行りの風邪ヘルパンギーナ

今流行りの風邪ヘルパンギーナとは?

SPONSORED LINK この夏流行中の夏風邪の一種「ヘルパンギーナ」が厚生労働省の公式Twitterで注意喚起されています。 東京都でも注意警報が出されていますが、西日本を中心に感染が広がってい …

ノロウィルスを子供に感染させないために

1人、また1人と下痢や嘔吐などの症状で休む子ども達が出始めているようです。

低温殺菌牛乳のおさらい

SPONSORED LINK 牛乳の中でも低温殺菌された牛乳をよく見かけるようになりました。 子供の口に入れるものはできるだけ素材にはこだわりたくなります。 牛乳を選ぶときも、低温殺菌とかノンホモの表 …