Papa Lohas

LOHASで健康的な子育てを目指すパパブログ。小学生になった息子の学習の取り組みについての話題。

健康

人工甘味料についておさらい

投稿日:2012年6月13日 更新日:

我が家には小さな子どももいるので、 最近では買い物のたびに食品の裏をチェックするようにしています。

特に人工甘味料は避けるようにしています。

息子にも、安全な食品、危険な食品の選び方を食育として伝えるようにしています。

こんな時代なので、自分の身を守る知恵を付けさせたいです。

SPONSORED LINK

0カロリー、カロリーオフって大丈夫?

 

なんとなく甘いものは控えた方が良いと思っていますが、 0カロリー、カロリーオフ商品よく見かけますよね。

結局の所、これらの食品添加物は大丈夫なんでしょうか?

 

かつて代表的な人工甘味料としてアスパルテームがありました。

今では有害であることが広く知られています。

 

アスパルテームの大部分を構成するフェニルアラニンとアスパラギン酸は、自然の食物の中にも存在するアミノ酸ですが、単体で摂取すると両方とも脳細胞(ニューロン)を興奮させすぎて死に至らしめる興奮性毒であることが判明しているのです。 by Thinker

 

アメリカの軍隊ではアスパルテームの含まれた食品は禁止されています。

当初、この物質はアメリカ国防省で生物化学兵器用物質の候補として取り扱われていたようです。

現在、あまり食品売り場では見かけませんが、よくこんなものがいままで食品添加物として出まわっていました。

 

スクラロースについて

最近多く見かける0カロリー、カロリーオフなどに使われる 人工甘味料のスクラロースはどうでしょう?

2000年頃から出回り始めたようですが、ノンカロリーで虫歯の原因にもなりにくいというふれこみです。

アスパルテームにとって代わり、今では代表的な人工甘味料となっています。

砂糖の600倍の甘さがあると言われ多くの菓子食品にも使われています。

 

スクラロースはもともと農薬の研究中にたまたま発見された甘味料なのですが、分子構造では人体に悪影響を及ぼす塩素がくっついています。

 

高温で熱すると塩素系の有毒ガスを発生させるそうなんですが、クッキーとかヤバくないですか?

 

ゼリー、スポーツドリンク、せんべい、お菓子など子どもの口に入りそうな食品によく使われていますが、本当に安全なのでしょうか?

 

アスパルテームの件もあるので疑ってかかったほうがよいのかもしれません。

実際、人間に対してスクラロースの研究結果はあまりないようです。

動物実験では以下のような 報告があります。

  1. 成長の遅れ
  2. 赤血球の減少
  3. 甲状腺の働きの衰え
  4. マグネシウムとリンの欠乏
  5. 肝臓、脳 肥大
  6. 肝臓細胞異常
  7. 卵巣収縮
  8. 白内障の可能性が高まる

 

シュガーレス、0カロリー、カロリーオフの商品はかなり注意が必要かもしれません。

 

安全な甘味料

それでは、安全な甘味料はないのでしょうか?

 

中南米・南米でとれる自然の食物にステビアがあります。

ステビアはカロリーゼロで、ピュアの場合血糖値も 上がりません。

甘さは砂糖の200倍以上と言われています。

今のところ、砂糖を摂取したくないという場合はステビアがおすすめになります。

個人的には沖縄の黒糖が好きなんですけどね。

 







-健康

執筆者:

関連記事

胃酸過多治し方

胃酸過多による胸焼けの治し方

みぞおちの上あたりの部分が焼けたように熱く感じたり、酸っぱいものが上がってくるような胸焼けは胃酸過多によっておこります。   消化に必要な胃酸が多くなりすぎて起きている状態ですが、暴飲暴食、アルコール …

インフルエンザ予防で心がけている健康法

インフルエンザ予防で心がけている健康法

身体の抵抗力を少しでも高めるために気をつけるようにしていることがあります。
どれもテレビの健康番組でやっていて簡単に効果の上がりそうなことだったのでご紹介します。

ダイエットしてる気分に!ためしてガッテン「計るだけDiet」アプリ

ゲッタマン体操も気がつけば2,3日するのを忘れてしまうものぐさ状態ですが、ちょっとやる気にスイッチを入れる良いiPhoneアプリを見つけました。

牛乳パックの内側のツルンとした部分

「牛乳パックは紙でできているのになぜやぶれないの?」息子からの疑問です。そういえば、なにでコーティングしているのでしょう?

子供の虫歯は初期のうちに!定期健診がオススメ

子供の虫歯は初期のうちに!定期健診がオススメ

子供の歯の健康を考え、甘いモノを控えたり市販のジュースを飲まないよう幼い頃から気をつけるようにしていました。4,5才くらいまではチョコやアメなどを極力控えてたこともあってか虫歯もなく健康な歯をしていたのですが、小学校に入ると少し黒い部分が出始めて来ました。
さすがにこのくらいの年頃になると甘いものも欲しがるわけで、学校で一日中体力と頭を使っていると甘いおやつをダメとも言い難くなります。
自分で磨けるようになると、親もついついしっかり磨けているかチェックするのを忘れがちになります。その結果がすぐに虫歯に繋がります。意外と磨き残しは多いですね。
早期発見、早めの治療で軽くすみましたが、定期検診は欠かさないほうがよさそうです。
虫歯の原因は、体質や環境、唾液の成分であったり細菌の量など人それぞれだと言われています。
特に子供の場合、食事の回数、つまり間食や寝る前になにか口に入れるとかそういうことで起こると言われています。