Papa Lohas

LOHASで健康的な子育てを目指すパパブログ。小学生になった息子の学習の取り組みについての話題。

健康

冷蔵庫に入れてはいけない【野菜や果物の保存方法】

投稿日:2012年7月28日 更新日:

SPONSORED LINK

先日、実家から桃が送られてきました。

この桃、冷蔵庫に入れるべきかどうか迷ったので保存方法について調べてみることにしました。

すると桃以外にも野菜や果物の保存方法、 けっこう間違えてることに気づいたのでここにまとめておきます。

野菜の中には、冷蔵庫に入れておくと味が落ちたり色が変わったりと、低温障害をおこすものもあるので注意が必要かもしれません。

低温障害をおこすもの

夏野菜のナスは8℃以下、きゅうりは7℃以下になると低温障害をおこします。

冷蔵庫で保存するには冷たすぎるので、常温で速く使い切る方がよさそうです。

他に低温障害を起こす野菜はショウガやさつまいも、 果物ではバナナや桃なども冷蔵庫に入れない方が持ちがよいそうです。

 

2012-07-28-19.04.06

 

スイカは冷蔵庫に入れて保存しない方が栄養価が高くなるそうです。

じゃがいもなどは大量にもらうこともあると思います。

そんな時は、リンゴを少し買って一緒にしておくと、芽の成長を抑えられ長持ちさせられるそうです。

リンゴから出るエチレンガスの特性は野菜などと一緒にすると熟成を促進させてしまう働きがあるそうですが、ジャガイモに対しては逆の効果になるようです。

 

育った状態で保存

野菜の中には立てて保存しておく方がよいものもあります。

 

人参、ごぼう、ネギなどは寝かせた状態で保存させると育った状態に戻ろうとし、よけいなエネルギーを使ってしまいます。

そうなると栄養価も下がってしまい味も落ちてしまいます。

 

家では早速、野菜室の温度をチェックし温度設定を少し弱めました。

じゃがいもも大量にあるので早速リンゴを買いに行こうと思います。

 

桃は、あわてて冷蔵庫から外に出しました。

 

そういえば、小さい頃桃やバナナは仏壇のそばにずっと供えられたまま おいてありましたねぇ~。

良い香りがしてきたら食べごろでした。

 

さいごに

野菜や果物はどこでどんなふうにとれたかを考えて保存すると良いようです。

温かいところでとれたものは常温で、寒さに強いものは冷蔵庫へ、立って育っていたものは立たせたまま保存するのが長持ちの秘訣のようですね。

 

 







-健康

執筆者:

関連記事

子供の虫歯は初期のうちに!定期健診がオススメ

子供の虫歯は初期のうちに!定期健診がオススメ

子供の歯の健康を考え、甘いモノを控えたり市販のジュースを飲まないよう幼い頃から気をつけるようにしていました。4,5才くらいまではチョコやアメなどを極力控えてたこともあってか虫歯もなく健康な歯をしていたのですが、小学校に入ると少し黒い部分が出始めて来ました。
さすがにこのくらいの年頃になると甘いものも欲しがるわけで、学校で一日中体力と頭を使っていると甘いおやつをダメとも言い難くなります。
自分で磨けるようになると、親もついついしっかり磨けているかチェックするのを忘れがちになります。その結果がすぐに虫歯に繋がります。意外と磨き残しは多いですね。
早期発見、早めの治療で軽くすみましたが、定期検診は欠かさないほうがよさそうです。
虫歯の原因は、体質や環境、唾液の成分であったり細菌の量など人それぞれだと言われています。
特に子供の場合、食事の回数、つまり間食や寝る前になにか口に入れるとかそういうことで起こると言われています。

インフルエンザ予防で心がけている健康法

インフルエンザ予防で心がけている健康法

身体の抵抗力を少しでも高めるために気をつけるようにしていることがあります。
どれもテレビの健康番組でやっていて簡単に効果の上がりそうなことだったのでご紹介します。

ノロウィルス新種で大流行のおそれ!感染の効果的な予防対策

全国でノロウィスル警報が発令されています。 ここに来て急激に増えているようです。

口臭対策!冬の季節は注意です

この冬の時期は口臭の起きる条件が整いやすいようです。

ダイエットしてる気分に!ためしてガッテン「計るだけDiet」アプリ

ゲッタマン体操も気がつけば2,3日するのを忘れてしまうものぐさ状態ですが、ちょっとやる気にスイッチを入れる良いiPhoneアプリを見つけました。