Papa Lohas

LOHASで健康的な子育てを目指すパパブログ。小学生になった息子の学習の取り組みについての話題。

健康

子どもに甘いものがよくない理由

投稿日:2012年8月1日 更新日:

SPONSORED LINK

人間の脳の活動には糖類が必要です。

糖類には2種類あり、血糖値が上がるクイックカーボと消化に時間のかかるスローカーボに分類されています。

クイックカーボに分類される食べ物は清涼飲料水や、菓子パンなど砂糖を大量に含んでいるものの他に、 白米、白パン、うどん、そば、イモなども含まれています。

一方、スローカーボは、全粒の穀物、野菜、豆類などの野菜や果物などに多いようです。

 

a0850_000097

摂り過ぎると落ち着きのない子に

子供が気を付けなければならないのは砂糖のたっぷり入ったクイックカーボです。

クイックカーボが子どもにとって怖いのは糖類が一気に入り過ぎること。

冷たく冷えたジュースなど甘みを思ったよりも感じませんからグイグイ飲んでしまいます。

一気に糖質を取ることで血糖値が急上昇し、それを抑えるためにインスリンが大量に放出されることになります。

そのことが逆にブドウ糖不足に陥る結果を呼び、疲労やイライラに繋がるといいます。

そしてまた甘いモノを欲しがる。

悪循環が始まり、気分や行動も安定しなくなると言われています。

 

特に子どもは甘いモノが大好きですから、 できるだけ冷たく甘いジュースなどを控え、3食の食事の中でスローカーボを摂らせるようにしたいです。

どうしても冷たい飲み物が欲しいなら水です。

スローカーボは、脂肪として蓄えられるよりもエネルギーとして利用されるそうなので、 太ることもなさそうです。

手始めに家族みんなで白いご飯を玄米に変え、 真っ白な食パンを全粒パンに変えてみるのもよさそうですね。







-健康

執筆者:

関連記事

眠気をスッキリ解消法

眠気スッキリ解消法

春になってくるとよく寝たつもりでもなかなか眠気が取れないものです。
これは眠気を調節する神経系のバランスに乱れが生じることが原因だと言われています。
寒かった冬が終わり春が来ると日照時間も長くなって気温が上昇します。
その変化に体がついていかないと、眠気を調節する自律神経のバランスに乱れが生じて昼間になっても眠くなることがあります。
ゴールデンウィークになると家族そろって車でお出かけする機会もあると思いますが、
運転中の眠気解消にも参考になる方法がすご技Qで紹介されていました。

九州産の農産物も安心ではないってことですね

SPONSORED LINK 先日、九州地方をものすごい雨が襲いました。 また、その雨に紛れて空に漂っていたものが地表にかなり降り注いだようです。   降雨とともに急上昇する環境放射能 &n …

インフルエンザ

インフルエンザの発症が激減した有田町、理由はR1乳酸菌

インフルエンザの流行期に入ったようです。各地で学年閉鎖が相次いでいます。

ココア効果でインフルエンザやピロリを予防!豆乳でさらに健康力UP

そのココア、何がカラダに良いのか理由を改めて調べてみました。

肉と魚のお焦げは美味しくても食べてはいけない

うちの子供は最近、少し焦げたところを好んで「ちょうだい」って言うのですが、お肉と、それから魚もそうですけど、焦がした部分は身体にあまり良くないそうです。