Papa Lohas

LOHASで健康的な子育てを目指すパパブログ。小学生になった息子の学習の取り組みについての話題。

健康

子どもに甘いものがよくない理由

投稿日:2012年8月1日 更新日:

SPONSORED LINK

人間の脳の活動には糖類が必要です。

糖類には2種類あり、血糖値が上がるクイックカーボと消化に時間のかかるスローカーボに分類されています。

クイックカーボに分類される食べ物は清涼飲料水や、菓子パンなど砂糖を大量に含んでいるものの他に、 白米、白パン、うどん、そば、イモなども含まれています。

一方、スローカーボは、全粒の穀物、野菜、豆類などの野菜や果物などに多いようです。

 

a0850_000097

摂り過ぎると落ち着きのない子に

子供が気を付けなければならないのは砂糖のたっぷり入ったクイックカーボです。

クイックカーボが子どもにとって怖いのは糖類が一気に入り過ぎること。

冷たく冷えたジュースなど甘みを思ったよりも感じませんからグイグイ飲んでしまいます。

一気に糖質を取ることで血糖値が急上昇し、それを抑えるためにインスリンが大量に放出されることになります。

そのことが逆にブドウ糖不足に陥る結果を呼び、疲労やイライラに繋がるといいます。

そしてまた甘いモノを欲しがる。

悪循環が始まり、気分や行動も安定しなくなると言われています。

 

特に子どもは甘いモノが大好きですから、 できるだけ冷たく甘いジュースなどを控え、3食の食事の中でスローカーボを摂らせるようにしたいです。

どうしても冷たい飲み物が欲しいなら水です。

スローカーボは、脂肪として蓄えられるよりもエネルギーとして利用されるそうなので、 太ることもなさそうです。

手始めに家族みんなで白いご飯を玄米に変え、 真っ白な食パンを全粒パンに変えてみるのもよさそうですね。







-健康

執筆者:

関連記事

首にある椎間板

手足のしびれやつまづきの原因にもなっている首の骨のズレと改善方法

SPONSORED LINK パソコンやスマホなどの時の姿勢や、普段の睡眠の仕方によって首の骨がずれてしまっている人が多いそうです。 たけしの「みんなの家庭の医学」によると、一般の男女1302名の首を …

口臭対策!冬の季節は注意です

この冬の時期は口臭の起きる条件が整いやすいようです。

花粉や黄砂など気になる空気の汚れや地震の予報サイトのまとめ

花粉や黄砂など気になる空気の汚れや地震の予報サイトのまとめ

強い風の吹く日は、目にゴミが入ったり乾燥もしているのでマスクの着用も心がけたほうがよさそうですね。こんな日は花粉だけでなく粉塵も舞い上がっているのでなおさらです。
近頃の天気予報を見ていると、お天気だけでなく花粉量やPMといった予報の数も増えてなにかと大変です。ネットでもチェックできる花粉の飛散状況や黄砂、PM2.5の飛散状況の予測、また地震の予測サイトなどありましたのでまとめてみました。

ダイエットしてる気分に!ためしてガッテン「計るだけDiet」アプリ

ゲッタマン体操も気がつけば2,3日するのを忘れてしまうものぐさ状態ですが、ちょっとやる気にスイッチを入れる良いiPhoneアプリを見つけました。

かぜ対策

咳と鼻水、喉が痛いのはただの風邪?今流行りの風邪ウイルス

SPONSORED LINK 朝起きると喉に異変。 ゴクッと飲み込む度に喉の奥が痛痒い感じが続きました。 咳と鼻水も出てきます。 ちょっと疲れが出たのかな? と軽く考えていましたが、喉に続き、鼻水、鼻 …