Papa Lohas

LOHASで健康的な子育てを目指すパパブログ。小学生になった息子の学習の取り組みについての話題。

健康

体調を崩す前に!秋の風邪予防

投稿日:2012年10月26日 更新日:

SPONSORED LINK

昨日は、全国でこの秋一番の冷え込みでした。

例年、この時期の平均気温の寒暖差は3.9度くらいです。

ですが今年の10月、平均気温の寒暖差は10.6度と急激な温度変化となっているようです。

咳き込んだり、鼻をすすったりと秋風邪を引く人も多くなって来ました。

 

急激な温度差は、免疫力に大きく影響すると言われています。

喉の痛み、咳、鼻水、鼻づまり、発熱などの症状が出てきたら秋風邪です。

 

情報ライブ ミヤネ屋でも秋風邪についてレポートしていました。

寒暖差が大きくなると、副交感神経の働きが弱くなり順応できなくなって風邪を引いてしまうそうです。

また、乾燥や冷たい空気で、肺や喉、鼻が乾燥することで粘液の分泌量が減り雑菌が付きやすくなります。

 

 

この時期、水分不足にも注意が必要です。

夏に比べて水分摂取量が減ることで脱水気味になります。

そうなると血液の循環力も低下し、 身体に老廃物がたまりやすくなります。

 

子供は特に秋風邪対策は必要です。

秋の風邪対策

  • 水分は冷たいものより温かいものをこまめにたくさん飲む。
  • 紅茶コーヒーなど利尿作用のあるものは控える。
  • マスクは鼻と口を乾燥から守ってくれる。
  • ビタミンを十分にとる。

 

ビタミンA ・・粘液を形成、乾燥を防ぐ / 人参、かぼちゃ、ブロッコリー みかんなど

ビタミンB1 ・・糖質をエネルギーに変える / アスパラガス 梨 トウモロコシ バナナ

ビタミンC  ・・白血球の働きを高め免疫力を高める / ショウガ ネギ ほうれん草 いちご

ビタミンE  ・・血管を広げ血行をよくする / 大根 かぶ ニラ キウイ







-健康

執筆者:

関連記事

熱中症の危険な症状

熱中症の危険な症状について政府広報の動画が参考になります。

SPONSORED LINK 本格的な熱い夏がやってきています。 1時間エアコンをかけっぱなしにしても室内の温度まだ30度..リモコンをよく見てみると除湿になっていました。 涼しい・・と思っていたのは …

人工甘味料についておさらい

SPONSORED LINK 我が家には小さな子どももいるので、 最近では買い物のたびに食品の裏をチェックするようにしています。 特に人工甘味料は避けるようにしています。 息子にも、安全な食品、危険な …

今流行りの風邪ヘルパンギーナ

今流行りの風邪ヘルパンギーナとは?

SPONSORED LINK この夏流行中の夏風邪の一種「ヘルパンギーナ」が厚生労働省の公式Twitterで注意喚起されています。 東京都でも注意警報が出されていますが、西日本を中心に感染が広がってい …

骨粗鬆症予防に効く食品

骨粗鬆症予防に効く食品

骨粗鬆症とは骨の骨密度が減少して起こり、骨折しやすくなってしまう病気です。

女性に多い病気と思われがちですが、男性も加齢とともにリスクが高まると言われています。

その他、胃や肝臓の病気などをしている方、産後の女性、過度なダイエットでも危険が高まるようです。

今まで骨粗鬆症はカルシウム不足から起こる病気と言われていましたが、
最近の研究ではビタミンKの不足によって起こることも分かってきたそうです。

風邪予防や花粉対策に効果的なマスク方法

風邪予防や花粉対策に効果的なマスク方法

インフルエンザ対策や花粉を防ぐために
マスクを着用する方も多いと思います。
マスクをしていればとりあえずは安心、と思っていたら
なんと、マスクには意外な落とし穴があったのです。
誤った方法で装着していると、
いくら高価な99%ウイルス除去率のマスクを使ってもまったく効果はありません。