Papa Lohas

LOHASで健康的な子育てを目指すパパブログ。小学生になった息子の学習の取り組みについての話題。

健康

体調を崩す前に!秋の風邪予防

投稿日:2012年10月26日 更新日:

SPONSORED LINK

昨日は、全国でこの秋一番の冷え込みでした。

例年、この時期の平均気温の寒暖差は3.9度くらいです。

ですが今年の10月、平均気温の寒暖差は10.6度と急激な温度変化となっているようです。

咳き込んだり、鼻をすすったりと秋風邪を引く人も多くなって来ました。

 

急激な温度差は、免疫力に大きく影響すると言われています。

喉の痛み、咳、鼻水、鼻づまり、発熱などの症状が出てきたら秋風邪です。

 

情報ライブ ミヤネ屋でも秋風邪についてレポートしていました。

寒暖差が大きくなると、副交感神経の働きが弱くなり順応できなくなって風邪を引いてしまうそうです。

また、乾燥や冷たい空気で、肺や喉、鼻が乾燥することで粘液の分泌量が減り雑菌が付きやすくなります。

 

 

この時期、水分不足にも注意が必要です。

夏に比べて水分摂取量が減ることで脱水気味になります。

そうなると血液の循環力も低下し、 身体に老廃物がたまりやすくなります。

 

子供は特に秋風邪対策は必要です。

秋の風邪対策

  • 水分は冷たいものより温かいものをこまめにたくさん飲む。
  • 紅茶コーヒーなど利尿作用のあるものは控える。
  • マスクは鼻と口を乾燥から守ってくれる。
  • ビタミンを十分にとる。

 

ビタミンA ・・粘液を形成、乾燥を防ぐ / 人参、かぼちゃ、ブロッコリー みかんなど

ビタミンB1 ・・糖質をエネルギーに変える / アスパラガス 梨 トウモロコシ バナナ

ビタミンC  ・・白血球の働きを高め免疫力を高める / ショウガ ネギ ほうれん草 いちご

ビタミンE  ・・血管を広げ血行をよくする / 大根 かぶ ニラ キウイ







-健康

執筆者:

関連記事

2014年の梅雨入りは遅くその後は猛暑?

SPONSORED LINK 今年、2014年の夏は2007年のように梅雨入りが遅い予報です。7月になっても曇りがちで気温が上がらない日が続いた後、突然の猛暑になるのではという予想も出ていました。 梅 …

R-1ヨーグルト

自家製R-1ヨーグルトを食べ続けてたらインフルエンザに罹らなかったお話し

SPONSORED LINK R-1ヨーグルトがインフルエンザに一定の効果があるとTVで話題になっていたので家族で毎日食べ続けていました。 ちまたでインフルエンザが流行りだす少し前から毎日摂り始めて今 …

子供の虫歯は初期のうちに!定期健診がオススメ

子供の虫歯は初期のうちに!定期健診がオススメ

子供の歯の健康を考え、甘いモノを控えたり市販のジュースを飲まないよう幼い頃から気をつけるようにしていました。4,5才くらいまではチョコやアメなどを極力控えてたこともあってか虫歯もなく健康な歯をしていたのですが、小学校に入ると少し黒い部分が出始めて来ました。
さすがにこのくらいの年頃になると甘いものも欲しがるわけで、学校で一日中体力と頭を使っていると甘いおやつをダメとも言い難くなります。
自分で磨けるようになると、親もついついしっかり磨けているかチェックするのを忘れがちになります。その結果がすぐに虫歯に繋がります。意外と磨き残しは多いですね。
早期発見、早めの治療で軽くすみましたが、定期検診は欠かさないほうがよさそうです。
虫歯の原因は、体質や環境、唾液の成分であったり細菌の量など人それぞれだと言われています。
特に子供の場合、食事の回数、つまり間食や寝る前になにか口に入れるとかそういうことで起こると言われています。

子供のインフルエンザ予防に効果的な免疫力アップ法

2014年1月20日放送「主治医が見つかる診療所」で免疫力を自己判断できる、
「免疫力チェック」が紹介されていました。

時計遺伝子の時間帯別からだへの影響まとめ

時計遺伝子は身体中のほぼすべての細胞に存在し、私たちの生活リズムは時計遺伝子のオン、オフによって刻まれています。