Papa Lohas

LOHASで健康的な子育てを目指すパパブログ。小学生になった息子の学習の取り組みについての話題。

健康

健康に良いという理由でペットボトルの水を飲ませるのは間違い

投稿日:2012年10月15日 更新日:

SPONSORED LINK

普段から私も子供も、のどが渇いたら水をよく飲みます。

外出中、のどが渇いてコンビニに行っても選ぶのは大体ミネラルウォーター。

ジュースなど糖分の摂り過ぎは健康にあまりよくないという理由ですが。。

本当に健康のことを考えると、 この選択もあまり正しくないのかも知れません。

ペットボトルはプラスティックです。

ペットボトルの容器の成分には溶け出すと良くないものが多く含まれています。

とくに代表的なものは2つ。

ビスフェノールA

アメリカ合衆国で体内の検査を行った結果、人の体からかなりの確率で検出されている物質がビスフェノールAです。

ペットボトル内に含まれるビスフェノールAは280度の高温で融解されるそうですが、ドリンク内に微量に溶けだすと言われています。

 

製造時、機械でボトルに成分表などのシールを貼る際、熱で一瞬押し当てられたペットボトルが高温になりビスフェノールAが溶け出すとも言われています。

微量のビスフェノールAが身体の中に入り込むと、内分泌ホルモンが撹乱され、学習障害や、不妊、ガン、糖尿病などの健康被害の恐れがあるようです。

 

日本の厚生労働省では微量のビスフェノールAについての見解は出ていませんが欧米ではかなり以前から危機意識が高まっているそうです。

妊娠・授乳中はもちろん、乳幼児にもプラスティック製品は極力避けた方がよいみたいです。

 

 

アンチモン

ヒ素によく似た化学特性を持つ有毒な重金属であるアンチモンが 極微量、ペットボトル内に溶融すると言われています。

極微量と言っても、地下水の100倍の濃度です。しかも、ボトルに詰めてから 3ヶ月後に検出されるアンチモンの濃度は2倍になるそうです。

 

どちらも極微量ということですが、 極微量である環境ホルモンこそ人体に影響を与えると不安視する学者もいます。

環境ホルモンは浴び続けることが良くないとされているので、 極力、ペットボトルは最低限の使用とし、 お出かけの際はできるだけ水筒の方がよいようですね。

 







-健康

執筆者:

関連記事

ケトン体ダイエット

ケトン体ダイエットで脱!糖質中毒

糖質中毒に陥ると、体内の余分な脂肪を燃焼させる際に出るケトン体と呼ばれる物質の分泌が
止まってしまい、脂肪はどんどん溜まる一方な不燃性の身体になってしまうとか。
そうなると、少々の運動でも変化は期待できなくなります。

子どもに甘いものがよくない理由

SPONSORED LINK 人間の脳の活動には糖類が必要です。 糖類には2種類あり、血糖値が上がるクイックカーボと消化に時間のかかるスローカーボに分類されています。 クイックカーボに分類される食べ物 …

脳の鍛え方

日常生活で簡単にできる記憶トレーニング

SPONSORED LINK 何かを思い出そうとして 「アレだよアレ…」と頭の引き出しを開けようとしても さっぱり出てこないことがあります。 記憶の片隅にあるのに、いつのまにか回路がプッツ …

R-1ヨーグルト

自家製R-1ヨーグルトを食べ続けてたらインフルエンザに罹らなかったお話し

SPONSORED LINK R-1ヨーグルトがインフルエンザに一定の効果があるとTVで話題になっていたので家族で毎日食べ続けていました。 ちまたでインフルエンザが流行りだす少し前から毎日摂り始めて今 …

肉と魚のお焦げは美味しくても食べてはいけない

うちの子供は最近、少し焦げたところを好んで「ちょうだい」って言うのですが、お肉と、それから魚もそうですけど、焦がした部分は身体にあまり良くないそうです。