Papa Lohas

LOHASで健康的な子育てを目指すパパブログ。小学生になった息子の学習の取り組みについての話題。

健康

ココア効果でインフルエンザやピロリを予防!豆乳でさらに健康力UP

投稿日:2012年11月9日 更新日:

SPONSORED LINK

ココアでホッとひと息

外から帰宅すると、子供と一緒に飲むことが多くなりました。

ココアが健康に良いと聞いてからです。

 

その健康効果ですが、どんなものだったのか。。

すっかり忘れていました。

 

ココアは何に有効なのでしょう?

その健康効果について調べてみました。

ココアの効果

インフルエンザ抑制

森永 カカオ栄養研究所がココアとインフルエンザウイルスについて実験を行なっています。

NK(ナチュラルキラー)活性は、ココア摂取群及び対照群ともに有意に上昇とありました。

また、ココア摂取群は対照群に比較し、NK活性の上昇程度が有意に高いとあります。

つまり、ココアを飲むとインフルエンザに対してより高い予防効果が期待できることを示しています。

ココアの抗インフルエンザウイルス効果より

 

すごいですね。

つまり、免疫活性に役立つ飲み物なんですね。

 

ポリフェノール

先ほどのインフルエンザ抑制とも関係するのですが、ココアには抗酸化作用が高く、活性酸素をなくす働きがあるとされるポリフェノールが多く含まれています。

活性酸素は、ほとんどの病気の原因とされるものなので、これを過剰にためないことが健康には大切です。

wikiによると、動脈硬化やがん予防にもつながるそうです。

ピロリ菌の抑制

寒くなって体の免疫力が下がってくると、ピロリ菌などの悪玉菌が勢力を伸ばしてきます。

ココアには腸内環境を整えてピロリ菌を抑制してくれる作用がありました。

ピロリ菌をココアを加えた培地で培養したところ、普段飲む濃度(3.5%)のココアを加えただけでも、培養開始から1時間後には菌の数は6割程度に減少し、1日経つと、菌は検出できない数にまで減少したとい http://www.nikkeibp.co.jp/

ココアの消臭効果

ココアに含まれている食物繊維、リグニンが腸内でのニオイ成分を抑制します。

悪玉菌を吸着、排出する効果もあるそうです。

便通もよくなるみたいですね。

 

オススメの飲み方

ここまで見てきて健康に良いことずくめのココアですが、 ミルクで溶かして砂糖を入れるとなると、やっぱりカロリーが気になります。

そこで、我が家ではミルクの代わりに豆乳を入れて作ることにしました。

砂糖は製糖ではなく、沖縄の黒糖を使います。

 

甘みは柔らかですが味はあっさりめでとても飲みやすくなります。

 

豆乳には、鎮静作用のあるGAVAや、 放射性セシウムが体内に取り込まれるのを防ぐと話題になっているカリウム、 脳の栄養といわれるレシチンなどがたくさん含まれています。

子供の成長にも良さそうな栄養素がたっぷりです。

こうなってくると豆乳ココアはスーパードリンクかもしれません。

家族みんなで豆乳ココア、オススメです。







-健康

執筆者:

関連記事

ウォーターサーバーのボトル消費期限守っていますか?

家族や子供の健康を意識してボトル型のウォーターサーバーを設置しているご家庭も多いと思います。

はらすまダイエット

内臓脂肪を90日で落とすダイエット法

先日放送の「主治医が見つかる診療所」で、ダイエット法がいくつか紹介されていました。
年末年始に増えた内臓脂肪をリセットしましょうということで、目標は2kg減。
1kg減らすのに9000kcalだそうです。
番組では90日、30日、7日、3日コースと紹介していましたが、
習慣化するには90日ダイエットが一番楽そうです。
その他のダイエット法も、基本は摂取カロリーを減らすというものです。

インフルエンザ予防で心がけている健康法

インフルエンザ予防で心がけている健康法

身体の抵抗力を少しでも高めるために気をつけるようにしていることがあります。
どれもテレビの健康番組でやっていて簡単に効果の上がりそうなことだったのでご紹介します。

2013年の花粉は大量飛散?花粉症の方は要注意!

2013年の花粉は大量飛散?花粉症の方は要注意!

関東では2月上旬から花粉の飛散が始まると報じています。 全国での飛散量は例年の1.7倍、関東では2.3倍の花粉量だそうです。

子供の虫歯は初期のうちに!定期健診がオススメ

子供の虫歯は初期のうちに!定期健診がオススメ

子供の歯の健康を考え、甘いモノを控えたり市販のジュースを飲まないよう幼い頃から気をつけるようにしていました。4,5才くらいまではチョコやアメなどを極力控えてたこともあってか虫歯もなく健康な歯をしていたのですが、小学校に入ると少し黒い部分が出始めて来ました。
さすがにこのくらいの年頃になると甘いものも欲しがるわけで、学校で一日中体力と頭を使っていると甘いおやつをダメとも言い難くなります。
自分で磨けるようになると、親もついついしっかり磨けているかチェックするのを忘れがちになります。その結果がすぐに虫歯に繋がります。意外と磨き残しは多いですね。
早期発見、早めの治療で軽くすみましたが、定期検診は欠かさないほうがよさそうです。
虫歯の原因は、体質や環境、唾液の成分であったり細菌の量など人それぞれだと言われています。
特に子供の場合、食事の回数、つまり間食や寝る前になにか口に入れるとかそういうことで起こると言われています。