Papa Lohas

LOHASで健康的な子育てを目指すパパブログ。小学生になった息子の学習の取り組みについての話題。

健康

ココア効果でインフルエンザやピロリを予防!豆乳でさらに健康力UP

投稿日:2012年11月9日 更新日:

SPONSORED LINK

ココアでホッとひと息

外から帰宅すると、子供と一緒に飲むことが多くなりました。

ココアが健康に良いと聞いてからです。

 

その健康効果ですが、どんなものだったのか。。

すっかり忘れていました。

 

ココアは何に有効なのでしょう?

その健康効果について調べてみました。

ココアの効果

インフルエンザ抑制

森永 カカオ栄養研究所がココアとインフルエンザウイルスについて実験を行なっています。

NK(ナチュラルキラー)活性は、ココア摂取群及び対照群ともに有意に上昇とありました。

また、ココア摂取群は対照群に比較し、NK活性の上昇程度が有意に高いとあります。

つまり、ココアを飲むとインフルエンザに対してより高い予防効果が期待できることを示しています。

ココアの抗インフルエンザウイルス効果より

 

すごいですね。

つまり、免疫活性に役立つ飲み物なんですね。

 

ポリフェノール

先ほどのインフルエンザ抑制とも関係するのですが、ココアには抗酸化作用が高く、活性酸素をなくす働きがあるとされるポリフェノールが多く含まれています。

活性酸素は、ほとんどの病気の原因とされるものなので、これを過剰にためないことが健康には大切です。

wikiによると、動脈硬化やがん予防にもつながるそうです。

ピロリ菌の抑制

寒くなって体の免疫力が下がってくると、ピロリ菌などの悪玉菌が勢力を伸ばしてきます。

ココアには腸内環境を整えてピロリ菌を抑制してくれる作用がありました。

ピロリ菌をココアを加えた培地で培養したところ、普段飲む濃度(3.5%)のココアを加えただけでも、培養開始から1時間後には菌の数は6割程度に減少し、1日経つと、菌は検出できない数にまで減少したとい http://www.nikkeibp.co.jp/

ココアの消臭効果

ココアに含まれている食物繊維、リグニンが腸内でのニオイ成分を抑制します。

悪玉菌を吸着、排出する効果もあるそうです。

便通もよくなるみたいですね。

 

オススメの飲み方

ここまで見てきて健康に良いことずくめのココアですが、 ミルクで溶かして砂糖を入れるとなると、やっぱりカロリーが気になります。

そこで、我が家ではミルクの代わりに豆乳を入れて作ることにしました。

砂糖は製糖ではなく、沖縄の黒糖を使います。

 

甘みは柔らかですが味はあっさりめでとても飲みやすくなります。

 

豆乳には、鎮静作用のあるGAVAや、 放射性セシウムが体内に取り込まれるのを防ぐと話題になっているカリウム、 脳の栄養といわれるレシチンなどがたくさん含まれています。

子供の成長にも良さそうな栄養素がたっぷりです。

こうなってくると豆乳ココアはスーパードリンクかもしれません。

家族みんなで豆乳ココア、オススメです。







-健康

執筆者:

関連記事

生わかめ(フコダイン)で胃痛がなくなりました

SPONSORED LINK 最近、珈琲の飲み過ぎからか胃痛がするようになりました。 飲むとキリキリ、やめると収まるんです。   そんな珈琲ですが、なかなかやめられないものです。 &nbsp …

首にある椎間板

手足のしびれやつまづきの原因にもなっている首の骨のズレと改善方法

SPONSORED LINK パソコンやスマホなどの時の姿勢や、普段の睡眠の仕方によって首の骨がずれてしまっている人が多いそうです。 たけしの「みんなの家庭の医学」によると、一般の男女1302名の首を …

インフルエンザ

インフルエンザの発症が激減した有田町、理由はR1乳酸菌

インフルエンザの流行期に入ったようです。各地で学年閉鎖が相次いでいます。

眠気をスッキリ解消法

眠気スッキリ解消法

春になってくるとよく寝たつもりでもなかなか眠気が取れないものです。
これは眠気を調節する神経系のバランスに乱れが生じることが原因だと言われています。
寒かった冬が終わり春が来ると日照時間も長くなって気温が上昇します。
その変化に体がついていかないと、眠気を調節する自律神経のバランスに乱れが生じて昼間になっても眠くなることがあります。
ゴールデンウィークになると家族そろって車でお出かけする機会もあると思いますが、
運転中の眠気解消にも参考になる方法がすご技Qで紹介されていました。

2013年の花粉は大量飛散?花粉症の方は要注意!

L4youの花粉症治療最前線!効果的なのは初期療法

関東では雪もちらつき、一段と寒さが増してきました。
冬真っ盛りですが、花粉症の人にとってはまもなくつらい季節がやってきます。
鼻づまり、目の痒み、くしゃみなど、
花粉症の患者数は全国で3000万人以上、4人に1人が花粉症なのだそうです。
関東地方の花粉の飛散量は例年の1.5倍
去年と比べると3倍になる見込みです。
投稿記事→2013年の花粉は大量飛散?花粉症の方は要注意!

L4you(エル・フォー・ユー)の花粉対策特集では、
花粉症は早めの治療が効果的で、
早期に治療を開始することで症状を格段に軽くすることができる、と伝えています。