Papa Lohas

LOHASで健康的な子育てを目指すパパブログ。小学生になった息子の学習の取り組みについての話題。

小学生

漢字を習い始めの子供にちょうどいいiPhoneアプリ

投稿日:2012年11月14日 更新日:

SPONSORED LINK

小学校に通い始めてから毎日のように

「今日こんな漢字習ったよ~」

と、嬉しそうに息子が話してくれます。

「これは音読み?訓読み?」

「金の音読み キンは、どんなときに使ってるの?」

などと、習い始めた漢字の疑問はつきないようです。

 

学校の教科書やプリント、辞書などで漢字を調べるのは基本でですが、子供心には親の使っているiPadやiPhoneを触ってみたくなるものです。

そこで見つけたのがこの漢字アプリです。

 

一年生用はもういいかなと思い、二年生、三年生と購入しました。

書き順の練習、書き取り、よみがなのドリル、成績表もあるので到達度がよくわかります。

 

2012-11-13-21.38.15Suffix

 

学校で習うより先にどんどん覚えるのはいいのですが、子供は書き順をほっておくと、とんでもない書き方をします。

このアプリではアニメで書き順が表示されるのがGOODです。

 

2012-11-13-21.40.12Suffix

 

よみがな入力は、読み取りエラーは少ないですが、あまり汚いひらがなだとさすがに×です。

 

2012-11-13-21.40.57Suffix

 

 

電車の中とか、スキマ時間になると、『やらせて!』となります。

ゲームにはまるよりいいかな。

ちょこちょこできるので良いです。

 

その他にもこの漢字シリーズ1~6年生まで出ているようです。







-小学生

執筆者:

関連記事

宮本算数教室

宮本算数教室の賢くなるパズルで足し算暗算のトレーニング

中学受験関係者の中で、今注目を集めている学習塾に宮本算数教室があります。
小学3年生から6年生までが通学する算数塾なのですが、ここを出た子どもたちが次々と首都圏の難関中学に合格しているそうです。各学年20名ほどの小さな塾なのですが、入塾は先着順の無試験のためキャンセル待ちが500名という超人気塾です。場所は以前の横浜から中央区へ移転しているようです。
どんな教え方をしているのかというと、
「教えることは子どもの考える機会を奪うことにほかならない」
だから、
先生は何も教えない、質問にも答えない・・
そうです。
塾では、とことん自分で考えさせ自力で答えを出す訓練を行うという指導法。
最も速い子供に合わせたスピードで進むというのが特徴なので、
競い合う雰囲気と、解く喜びをうまく引き出していってるのだと思います。
小学校3年生の1年間は「パズルクラス」でひたすらパズル解きに集中させるそうです。ここでみっちり集中力と自己解答力を養うといいます。

小学3年生の自由工作

夏休みの自由工作・小学3年生が木工で手作り

SPONSORED LINK 夏休みも終り学校が始まりましたが、まだ息子は夏休み中の宿題をひとつやり残していました。 自由工作です。 提出期限は明日。 大急ぎの仕上げになりそうです。   ア …

中学受験

中学受験の勉強はいつから?

SPONSORED LINK 中学受験を意識して、その準備段階として子供を日能研の小学3年のクラスに入れています。 小学3年生ではまだ中学受験対策をする学年ではありませんが、塾主催の中学入試対策セミナ …

相対性理論がわかりやすい!今回の100分de名著はアインシュタイン

時間がとまる?空間が縮む?難しいお話だけでなく、アニメでわかりやすく解説してくれるので子供と一緒に観られます!

畳の部屋で勉強すると集中力が高まる!?

「漢検ジャーナル」を見ていたら、面白いことが書いてありました。畳の部屋で勉強すると成績が良くなるそうです。