Papa Lohas

LOHASで健康的な子育てを目指すパパブログ。小学生になった息子の学習の取り組みについての話題。

小学生

相対性理論がわかりやすい!今回の100分de名著はアインシュタイン

投稿日:2012年11月10日 更新日:

時間がとまる?空間が縮む?

今回の100分de名著はアインシュタインの相対性理論。

アニメで解説してくれるので子供にもわかりやすいです。

 

こういうお話、小さい頃大好きでした。

なので、小学生の息子と見ても、多分大丈夫でしょう。

 

光の速度の話が出てくると

「浦島太郎だね」 と!息子。

 

まぁ、そういうことです。

 

100分de名著 アインシュタインの相対性理論 第1回は「光の謎を解き明かせ!」でした。

 

アインシュタインが最初に相対性理論を考える切っ掛けになったのは、 ほんの些細な子供っぽい疑問からでした。

鏡に写ってる自分は、自分から光が出ていて反射している、ってことは..

 

鏡を手に持って光より速い速度で飛ぶと、鏡には自分の姿が映る?映らない?

 

というものでした。

 

実際は光速度不変の原理から、鏡に写るのですが素朴な疑問から始まっていますね。

 

それまでの科学者達の多くは時間は不変でありどこでも同じに流れるという概念から抜け出せなかったようです。

番組ではガリレオの相対性原理のころと同じであった、と言っています。

当時、科学者とか教授ではなかったアインシュタインが、相対性理論の論文を発表するとまたたくまにその考えは他の科学者もに受け入れられたそうです。

 

このあとの予定

 

100分de名著 アインシュタインの相対性理論

第2回 時間と空間は縮む

第3回 驚きのエネルギー革命

第4回 ゆがんだ宇宙 重力の正体とは







-小学生

執筆者:

関連記事

小学3年算数の計算を早くする問題

小学3年生になると、足し算、掛け算をパパっとおこなわないとなかなか前に進めない問題が多くなってきます。 算数の計算力をあげるのに使っていたお魚計算機もいつの間にかどこかへしまわれているようで、1桁×2 …

子供に防犯用のシンプル携帯を持たせる nicoハート

通学中の子供の安全を守るため、子供の通う小学校ではキッズ携帯を推奨しています。 駅や電車など、人ごみに触れる毎日の通学では何かと物騒です。   ランドセルの脇に携帯をぶら下げておくと少しは防 …

エデュカチオ!子供のやる気を引き出す7つの秘策

エデュカチオ!は教育や子育てについて親の悩みに答える番組です。尾木ママこと尾木直樹先生と東山紀之さんが出演しています。 毎回子供に関する教育について特集をやっているのですが、今回の「やる気を引き出す7 …

宮本算数教室

宮本算数教室の賢くなるパズルで足し算暗算のトレーニング

中学受験関係者の中で、今注目を集めている学習塾に宮本算数教室があります。
小学3年生から6年生までが通学する算数塾なのですが、ここを出た子どもたちが次々と首都圏の難関中学に合格しているそうです。各学年20名ほどの小さな塾なのですが、入塾は先着順の無試験のためキャンセル待ちが500名という超人気塾です。場所は以前の横浜から中央区へ移転しているようです。
どんな教え方をしているのかというと、
「教えることは子どもの考える機会を奪うことにほかならない」
だから、
先生は何も教えない、質問にも答えない・・
そうです。
塾では、とことん自分で考えさせ自力で答えを出す訓練を行うという指導法。
最も速い子供に合わせたスピードで進むというのが特徴なので、
競い合う雰囲気と、解く喜びをうまく引き出していってるのだと思います。
小学校3年生の1年間は「パズルクラス」でひたすらパズル解きに集中させるそうです。ここでみっちり集中力と自己解答力を養うといいます。

中学受験

中学受験の勉強はいつから?

中学受験を意識して、その準備段階として子供を日能研の小学3年のクラスに入れています。 小学3年生ではまだ中学受験対策をする学年ではありませんが、塾主催の中学入試対策セミナーがありましたので参加しました …