Papa Lohas

LOHASで健康的な子育てを目指すパパブログ。小学生になった息子の学習の取り組みについての話題。

小学生

相対性理論がわかりやすい!今回の100分de名著はアインシュタイン

投稿日:2012年11月10日 更新日:

SPONSORED LINK

時間がとまる?空間が縮む?

今回の100分de名著はアインシュタインの相対性理論。

アニメで解説してくれるので子供にもわかりやすいです。

 

こういうお話、小さい頃大好きでした。

なので、小学生の息子と見ても、多分大丈夫でしょう。

 

光の速度の話が出てくると

「浦島太郎だね」 と!息子。

 

まぁ、そういうことです。

 

100分de名著 アインシュタインの相対性理論 第1回は「光の謎を解き明かせ!」でした。

 

アインシュタインが最初に相対性理論を考える切っ掛けになったのは、 ほんの些細な子供っぽい疑問からでした。

鏡に写ってる自分は、自分から光が出ていて反射している、ってことは..

 

鏡を手に持って光より速い速度で飛ぶと、鏡には自分の姿が映る?映らない?

 

というものでした。

 

実際は光速度不変の原理から、鏡に写るのですが素朴な疑問から始まっていますね。

 

それまでの科学者達の多くは時間は不変でありどこでも同じに流れるという概念から抜け出せなかったようです。

番組ではガリレオの相対性原理のころと同じであった、と言っています。

当時、科学者とか教授ではなかったアインシュタインが、相対性理論の論文を発表するとまたたくまにその考えは他の科学者もに受け入れられたそうです。

 

このあとの予定

 

100分de名著 アインシュタインの相対性理論

第2回 時間と空間は縮む

第3回 驚きのエネルギー革命

第4回 ゆがんだ宇宙 重力の正体とは







-小学生

執筆者:

関連記事

日能研2年生全国テスト

日能研2年生の全国テストに参加

SPONSORED LINK 日能研で2年生の全国テストに参加しました。   先日行われた模擬テストの本番です。   日能研のテスト問題は今回初めて目にしたのですが、 子どもが幼児 …

ダ・ヴィンチマップさくぶんプリント

子供の作文力を高めるマインドマップドリル

小学校では絵日記や感想文など、少しづつ文章を書かせる取り組みが行われ始めました。
文章を書くのって取っ掛かりがないとなかなか難しいものですね。

小学校の授業参観

授業を見ていると、今子供とどう向き合ってあげたらいいかよく分かりました。

小学生漢字練習

小学二年生漢字一覧シートでなぞり練習

SPONSORED LINK 小学生になると次々に新しい漢字を覚え始めます。 小テストを見ているとちゃんと覚えているようですが、 字があまり上手とはいえません。 もっときれいな字が書けるように練習する …

日能研全国テスト

日能研全国テストに向けて小学2年の「わくわく!学習会」の感想

日能研の小学2年全国テストは7月7日に行われるそうですが、
その準備のための「わくわく!学習会」に母子で参加してきたようです。
学習会では国語と算数の過去問テストを題材に問題の解き方の
解説を受けながらテストにチャレンジします。
普段子供の勉強は父である私がが付き添って、学校の宿題のほか英語や算数の取り組みをやってきてはいましたが、今回、国語の問題を見て少々愕然としました。