Papa Lohas

LOHASで健康的な子育てを目指すパパブログ。小学生になった息子の学習の取り組みについての話題。

健康

牛乳パックの内側のツルンとした部分

投稿日:2012年11月11日 更新日:

SPONSORED LINK

「牛乳パックは紙でできているのになぜやぶれないの?」

息子からの疑問です。

そういえば、どんな素材でコーティングしているのでしょう?

 

さっそくググってみると、 紙パックの内側はポリエチレンでコーティングしてありました。

このポリエチレンの防水加工は110℃くらいで溶解か始まるそうですが、 電子レンジなどで加熱しない限りは溶け出すことはありません。

 

牛乳パックの他、紙コップやバーベキューなどに使う紙皿もポリエチレンでコーティングされています。

紙コップ

 

その他には、マヨネーズ容器の内側にもポリエチレンは使われているようです。

マヨネーズは油性が強いので、他のプラスチック材だと溶解し安全でなくなるみたいです。

マヨネーズ容器は、種類の違うプラスチック材を3~4層に重ね、一番内側に最も安全性の高いポリエチレンを配置しています。

 

ポリエチレンであれば、もし体内に取り込んだとしても吸収されず体外に排出されるようなのであまり気にすることもないようです。

 

ただし、プラスチック食器、プラスチック性のマナ板などは注意か必要です。

 

たとえ食品に接する面にポリエチレンコーティングしていても、二重、三重のプラスチック材で製造されている場合が多く、使ったり、洗ったりしている間に表面が剥がれプラスチック面が露出することがあります。

 

そうなると、毒性のあるプラスチックが露出する場合があるので、できれば小さい子にはプラスチック容器の食器は控えたほうがよいかもしれません。 我が家では、まな板がプラスチック製でした。

 

でも、まな板の溶解を心配する前に、汚れを気にしたほうが良さそうです。

 

 







-健康

執筆者:

関連記事

寒暖差アレルギー

くしゃみや鼻水の原因は花粉症ではないかもしれませんよ!

先日来の暖かなぽかぽか陽気のあと、昨夜は吹き荒れる風がすごかったですね。
週末にかけてまた寒さが戻ってくるそうですが、
寒暖の差が以前にもまして激しくなっているような気がします。
この時期、くしゃみや鼻水といった症状が出始め花粉症の対策をとってらっしゃる方も多いと思いますが、その症状の原因は花粉だけではないようです。

子供の視力ガタ落ちで回復トレーニング

子供の視力ガタ落ちで回復トレーニング

子供の視力検査で悪い結果が出てしまいました。
いつの間にか視力がガタ落ちです。
たぶん、iPadが原因のような気がします。
学習にも使っていたのですが、息抜きにゲームも入れていたのが良くなかったようです。
目を離したすきに遊んでいたのでしょう。

はらすまダイエット8つのポイント

SPONSORED LINK はらすまダイエットとは、カロリーを運動と食事に分けてカードに視覚化し自分にあったダイエットを選んで実践する方法です。 はらすまの由来は.. 日立(Hitachi)の仲間( …

ノロウィルス新種で大流行のおそれ!感染の効果的な予防対策

全国でノロウィスル警報が発令されています。 ここに来て急激に増えているようです。

2014年の梅雨入りは遅くその後は猛暑?

SPONSORED LINK 今年、2014年の夏は2007年のように梅雨入りが遅い予報です。7月になっても曇りがちで気温が上がらない日が続いた後、突然の猛暑になるのではという予想も出ていました。 梅 …