Papa Lohas

LOHASで健康的な子育てを目指すパパブログ。小学生になった息子の学習の取り組みについての話題。

小学生

畳の部屋で勉強すると集中力が高まる!?

投稿日:2012年11月6日 更新日:

SPONSORED LINK

子供を塾の待合室で待っている間、漢字検定の小冊子「漢検ジャーナル」を見ていたら、 面白い記事がありました。

 

小冊子によると、畳の部屋で勉強すると成績が良くなるそうです。

 

じゅうたんと畳の部屋にグループを分け調査した所、 たたみグループの方が3割ほど成績が良くなりました。

同じチームを入れ替えてテストしても同じ結果です。

 

この本の著者である澤口 俊之さんによると、畳の部屋の方は、い草のフォトンチッドの効果によるものだそうです。

フォトンチッドといえば、森林浴のときに浴びるリラックス効果を高める物質ですが、畳の部屋でも同じ効果があるみたいです。

リラックスし集中力が高まるということでしょうか。

畳がなくても、い草のゴザを敷くことでも同じ効果が期待できるそうですよ。







-小学生

執筆者:

関連記事

日能研全国テスト

日能研全国テストに向けて小学2年の「わくわく!学習会」の感想

日能研の小学2年全国テストは7月7日に行われるそうですが、
その準備のための「わくわく!学習会」に母子で参加してきたようです。
学習会では国語と算数の過去問テストを題材に問題の解き方の
解説を受けながらテストにチャレンジします。
普段子供の勉強は父である私がが付き添って、学校の宿題のほか英語や算数の取り組みをやってきてはいましたが、今回、国語の問題を見て少々愕然としました。

宮本算数教室

宮本算数教室の賢くなるパズルで足し算暗算のトレーニング

中学受験関係者の中で、今注目を集めている学習塾に宮本算数教室があります。
小学3年生から6年生までが通学する算数塾なのですが、ここを出た子どもたちが次々と首都圏の難関中学に合格しているそうです。各学年20名ほどの小さな塾なのですが、入塾は先着順の無試験のためキャンセル待ちが500名という超人気塾です。場所は以前の横浜から中央区へ移転しているようです。
どんな教え方をしているのかというと、
「教えることは子どもの考える機会を奪うことにほかならない」
だから、
先生は何も教えない、質問にも答えない・・
そうです。
塾では、とことん自分で考えさせ自力で答えを出す訓練を行うという指導法。
最も速い子供に合わせたスピードで進むというのが特徴なので、
競い合う雰囲気と、解く喜びをうまく引き出していってるのだと思います。
小学校3年生の1年間は「パズルクラス」でひたすらパズル解きに集中させるそうです。ここでみっちり集中力と自己解答力を養うといいます。

漢字を習い始めの子供にちょうどいいiPhoneアプリ

学校の教科書やプリント、辞書などで漢字を調べるのは基本でしょうが、子供心には親の使っているiPadやiPhoneを触ってみたくなるものです。

中学受験を目指す小学生の保護者向け「わが子に学びの楽しさが伝わる親の関わりについて」

日能研ディスカバリークラブの保護者向けの講演会に参加してきました。

中学受験を目指す小学生を持つ親の子供との関わりについての内容でしたが、
高校、大学、社会が今求める人材はどういうものかというお話です。

サンタ追跡サイト

サンタクロースはどこから来るの?と聞かれたら「サンタ追跡サイト」

もうすぐクリスマスのシーズンです。
街を彩るクリスマスネオンがとても綺麗です。雪が降るとまた雰囲気も盛り上がりそうです。

うちの小学校2年生になる子供もサンタクロースからのプレゼントを楽しみにしているようです。ですが、どうやら学校でお友達にこんなことを言われたようです。

「サンタクロースなんていないよ」
「プレゼントはパパが買ってるんだって!」