Papa Lohas

LOHASで健康的な子育てを目指すパパブログ。小学生になった息子の学習の取り組みについての話題。

健康

肉と魚のお焦げは美味しくても食べてはいけない

投稿日:2012年12月31日 更新日:

SPONSORED LINK

暮れに田舎から牛肉が届いたので我が家ではしばらく焼肉続きとなっていました。

スーパーで肉を買うのを控えていましたから久々に鉄板でジュージューです。

本当は、炭火で油を落としながら食べるのが旨いんですよね。

残念ながらマンションなので煙のことを考えるとちょっと無理そうです。

無煙のグリルなんていうのもあるようですけど、あれはどうなんでしょうね。

出るはずの煙は一体どこへ行くのでしょう?

それはさておき、

うちの子供は最近、少し焦げたところを好んで「ちょうだい」って言うのですが、お肉と、それから魚もそうですけど、焦がした部分は身体にあまり良くないそうです。

「ジメチルニトロソフアミン」というなんとも体に悪そうな名まえの、発がん性のある物質がお焦げに生成されているそうです。

危なっかしいですねー

そんなもの子供には絶対食べさせられないです。

 

でも、そんなに神経質によけて食べることも無さそうです。

それを抑える効果があるとされているものが、大根、人参、なす、ブロッコリー、キャベツ、ピーマン、トマトなどのお野菜。

野菜

上記のお野菜を一緒に摂っていれば、そのおこげに含まれる有害物質の「ジメチルニトロソフアミン」を抑制してくれるそうです。

少し安心しました。

肉と野菜は一緒に食べなさいとよく言われたものですが、このような意味があったのですね。

 

焼き魚を食べるときは面倒でも大根おろしを添えて食べましょう。

焼肉も野菜たっぷりで食べたほうがよさそうですね。

それでは皆様、来年も良いお年をお迎えください。








-健康

執筆者:

関連記事

健康に良いという理由でペットボトルの水を飲ませるのは間違い

SPONSORED LINK 普段から私も子供も、のどが渇いたら水をよく飲みます。 外出中、のどが渇いてコンビニに行っても選ぶのは大体ミネラルウォーター。 ジュースなど糖分の摂り過ぎは健康にあまりよく …

インフルエンザを殺菌する生姜紅茶

流行りの風邪に負けない免疫力UPの秘訣は体温

SPONSORED LINK 今年は暖冬傾向と言われていましたが、今のところ寒さは例年より厳しいです。 風邪も流行り始めているようですし、インフルエンザの他にも子どもが罹ると重症化する危険性のあるRS …

ウォーターサーバーのボトル消費期限守っていますか?

家族や子供の健康を意識してボトル型のウォーターサーバーを設置しているご家庭も多いと思います。

寒暖差アレルギー

くしゃみや鼻水の原因は花粉症ではないかもしれませんよ!

先日来の暖かなぽかぽか陽気のあと、昨夜は吹き荒れる風がすごかったですね。
週末にかけてまた寒さが戻ってくるそうですが、
寒暖の差が以前にもまして激しくなっているような気がします。
この時期、くしゃみや鼻水といった症状が出始め花粉症の対策をとってらっしゃる方も多いと思いますが、その症状の原因は花粉だけではないようです。

子供の虫歯は初期のうちに!定期健診がオススメ

子供の虫歯は初期のうちに!定期健診がオススメ

子供の歯の健康を考え、甘いモノを控えたり市販のジュースを飲まないよう幼い頃から気をつけるようにしていました。4,5才くらいまではチョコやアメなどを極力控えてたこともあってか虫歯もなく健康な歯をしていたのですが、小学校に入ると少し黒い部分が出始めて来ました。
さすがにこのくらいの年頃になると甘いものも欲しがるわけで、学校で一日中体力と頭を使っていると甘いおやつをダメとも言い難くなります。
自分で磨けるようになると、親もついついしっかり磨けているかチェックするのを忘れがちになります。その結果がすぐに虫歯に繋がります。意外と磨き残しは多いですね。
早期発見、早めの治療で軽くすみましたが、定期検診は欠かさないほうがよさそうです。
虫歯の原因は、体質や環境、唾液の成分であったり細菌の量など人それぞれだと言われています。
特に子供の場合、食事の回数、つまり間食や寝る前になにか口に入れるとかそういうことで起こると言われています。