Papa Lohas

LOHASで健康的な子育てを目指すパパブログ。小学生になった息子の学習の取り組みについての話題。

健康

肉と魚のお焦げは美味しくても食べてはいけない

投稿日:2012年12月31日 更新日:

暮れに田舎から牛肉が届いたので我が家ではしばらく焼肉続きとなっていました。

スーパーで肉を買うのを控えていましたから久々に鉄板でジュージューです。

本当は、炭火で油を落としながら食べるのが旨いんですよね。

残念ながらマンションなので煙のことを考えるとちょっと無理そうです。

無煙のグリルなんていうのもあるようですけど、あれはどうなんでしょうね。

出るはずの煙は一体どこへ行くのでしょう?

SPONSORED LINK

それはさておき、

うちの子供は最近、少し焦げたところを好んで「ちょうだい」って言うのですが、お肉と、それから魚もそうですけど、焦がした部分は身体にあまり良くないそうです。

「ジメチルニトロソフアミン」というなんとも体に悪そうな名まえの、発がん性のある物質がお焦げに生成されているそうです。

危なっかしいですねー

そんなもの子供には絶対食べさせられないです。

 

でも、そんなに神経質によけて食べることも無さそうです。

それを抑える効果があるとされているものが、大根、人参、なす、ブロッコリー、キャベツ、ピーマン、トマトなどのお野菜。

野菜

上記のお野菜を一緒に摂っていれば、そのおこげに含まれる有害物質の「ジメチルニトロソフアミン」を抑制してくれるそうです。

少し安心しました。

肉と野菜は一緒に食べなさいとよく言われたものですが、このような意味があったのですね。

 

焼き魚を食べるときは面倒でも大根おろしを添えて食べましょう。

焼肉も野菜たっぷりで食べたほうがよさそうですね。

それでは皆様、来年も良いお年をお迎えください。








-健康

執筆者:

関連記事

時々朝食でメタボリスク高まる!

時々朝食でメタボリスク高まる!

今朝やっていたメタボのニュース。
朝食を時々とる人はメタボになる確率が男性で1.9倍、女性で4.5倍になるという実験結果が出ているようです。
毎日食べている人と、殆ど食べてない人はあまり変化はなかったようですが、1週間のうち2日食べている人が一番リスクが高い結果だそうです。
食事のリズムが安定せずに、脂肪を体内に溜め込むスイッチが働きやすくなるってことでしょうね。朝食以外でも、たまのドカ食いやにわかダイエットも同様な事になるような気がします。大切なのは毎日の食事量やリズムなのでしょう。
本日、メタボ関係のもう一つのニュース

ゲッタマン体操 肩甲骨・ドローインに続き 第3段は「超簡単小顔法」でしたね

スタードラフト会議ですっかり有名になってしまったゲッタマンさん。 第1弾の「肩甲骨ダイエット」は衝撃でした。 肩甲骨を動かして褐色細脂肪胞を刺激し脂肪燃焼の効率をよくするという説明が説得力あります。 …

国産の麦茶やパン、うどんが危ない?

関東産の大麦や小麦から放射性物質が検出されているようです。 麦は放射性物質の移行率が高いそうなので、 この季節は麦茶やざるうどんは注意が必要です。 そうなってくると国産のビールはどうなんでしょう?

3分で常在菌を激減させる簡単口臭撃退法-はなまるマーケット

はなまるマーケット、「人に聞けない身体のお悩み 口臭」についての特集をやっていました。 口臭の原因は食べ物による匂いの他にも、 口の中にいると言われている約10億個の常在菌の働きによるものと言われてい …

コーヒーをよく飲む人は熱中症に気を付けましょう

コーヒーをよく飲む人は熱中症に気を付けましょう

暑い夏がやってくると気にかけないといけないのが熱中症。 カラダから熱が逃げないのが原因で起こると言われています。   気温が高くなると自然に汗がにじんでくるものですけど、現代人は普段から冷房 …