Papa Lohas

LOHASで健康的な子育てを目指すパパブログ。小学生になった息子の学習の取り組みについての話題。

小学生

ゴースト暗算で二桁の掛け算方法が早すぎる

投稿日:2013年2月5日 更新日:

SPONSORED LINK

ゴースト暗算とは、おさかなのイラストが特徴の 99×99の計算がパッと暗算で出来るようになるという計算方法です。

最近、様々なテレビに取り上げられて話題になっているようです。

こんな計算方法を小学生の頃から知っていたら、もう少し楽だったかもしれません。

二桁ゴースト暗算の計算方法

ゴースト暗算の計算パターンに慣れるにはこのおさかな計算で練習を始めて行きます。
2013-02-04_155909

 

62×7の例

1の位と10の位を掛けあわせ、最初の2マスに入れます。

62×7だと 6×7で42

次に1の位同士を掛けて 後ろの2マスに入れます。

62×7 の場合、2×7で14

42+1  4

とならびました。

 

しっぽの4はそのまま答えの1桁になります。

胴体の数字を足して42+1で

43をその4の前(百の位、十の位)に持ってくれば答えは434となります。

 

2桁×2桁は、少し手順が増えますが、覚えてしまえば難しくはないようです。

 

 

2013-02-04_161607

 

子供がちょうど九九を覚えているところなので、親子で一緒に覚えてみるのもよさそうです。

 

 

 

テキストには計算方法のほか、イラスト絵を1分見た後に同じように書き写すイメージトレーニングも用意されています。

これは数字を図形として捉える訓練だとか。

この計算方法右脳の活性化にもつながると言います。

これを考えた著者の岩波さん、中学高校と2度、数学オリンピック国内決勝に残るほどの数学好きだったそうです。

彼の話によると、 IT大国のインドではインド式の算数19×19を子供たちが学習し多くの実績を残し、ひいてはインドの国力を高めることに繋がっていることを受けて、日本でも同じように子供たちの計算力をUPさせたいとの願いで考案したようです。

このゴースト暗算ではインド式に比べても25倍の範囲をカバーしていて99×99まで瞬時に計算できます。

これを日本に広めることでひとりひとりの中に秘めている可能性を引き出し、将来の日本を元気にして行きたい..と語っています。

 

さきどり!で放送された特集(youtube)

ゴースト暗算_1/2 http://youtu.be/qEV4UdNldn8

ゴースト暗算_2/2 http://youtu.be/fixKbiWxkFk

4月にはゴースト暗算の割り算版も出るようです。







-小学生
-

執筆者:

関連記事

南極ワンダー

見るだけで涼しくなれる学習サイト!南極ワンダーで冒険

SPONSORED LINK キッズワンダープロジェクトのサイトでは、宇宙、海底と南極の冒険がインタラクティブに行えます。操作もやさしく作りも凝っていてなかなか楽しめるサイトです。 今回は南極探検をプ …

子供にお小遣いいつから渡していますか?

小学1年生となり初めての学園のバザーに参加しました。この日子ども達は首に財布をぶら下げ、会場内のお店を自由にお小遣いでお買い物できます。

畳の部屋で勉強すると集中力が高まる!?

「漢検ジャーナル」を見ていたら、面白いことが書いてありました。畳の部屋で勉強すると成績が良くなるそうです。

日能研全国テスト

日能研全国テストに向けて小学2年の「わくわく!学習会」の感想

日能研の小学2年全国テストは7月7日に行われるそうですが、
その準備のための「わくわく!学習会」に母子で参加してきたようです。
学習会では国語と算数の過去問テストを題材に問題の解き方の
解説を受けながらテストにチャレンジします。
普段子供の勉強は父である私がが付き添って、学校の宿題のほか英語や算数の取り組みをやってきてはいましたが、今回、国語の問題を見て少々愕然としました。

宮本算数教室

宮本算数教室の賢くなるパズルで足し算暗算のトレーニング

中学受験関係者の中で、今注目を集めている学習塾に宮本算数教室があります。
小学3年生から6年生までが通学する算数塾なのですが、ここを出た子どもたちが次々と首都圏の難関中学に合格しているそうです。各学年20名ほどの小さな塾なのですが、入塾は先着順の無試験のためキャンセル待ちが500名という超人気塾です。場所は以前の横浜から中央区へ移転しているようです。
どんな教え方をしているのかというと、
「教えることは子どもの考える機会を奪うことにほかならない」
だから、
先生は何も教えない、質問にも答えない・・
そうです。
塾では、とことん自分で考えさせ自力で答えを出す訓練を行うという指導法。
最も速い子供に合わせたスピードで進むというのが特徴なので、
競い合う雰囲気と、解く喜びをうまく引き出していってるのだと思います。
小学校3年生の1年間は「パズルクラス」でひたすらパズル解きに集中させるそうです。ここでみっちり集中力と自己解答力を養うといいます。