Papa Lohas

LOHASで健康的な子育てを目指すパパブログ。小学生になった息子の学習の取り組みについての話題。

健康

骨粗鬆症予防に効く食品

投稿日:2013年2月4日 更新日:

骨粗鬆症とは骨の骨密度が減少して起こり、骨折しやすくなってしまう病気です。

女性に多い病気と思われがちですが、男性も加齢とともにリスクが高まることがわかってきました。

その他、胃や肝臓の病気などをしている方、産後の女性、過度なダイエットでも危険が高まるようです。

 

今まで骨粗鬆症はカルシウム不足から起こる病気と言われていましたが、最近の研究ではビタミンKの不足によって起こることも分かってきたそうです。

カルシウムは骨の骨密度をあげるのに必要な栄養素ですが、ビタミンKは骨の質をよくしてくれる栄養素になります。

またビタミンKには、カルシウム同士をしっかり繋ぎとめ骨の質を高めるコラーゲンを増やして骨を強固にする働きもあります。コラーゲンが骨内に不足してくると、カルシウムの結合は弱まり骨折しやすくなってしまいます。

ビタミンKはカルシウムが溶け出すのを防ぐ大事な栄養素になります。

SPONSORED LINK

ビタミンKを多く含む食品

ビタミンKを多く含む納豆

最近、このビタミンKを多く含む食品として世界中で話題になっているのが納豆です。

納豆の原料となる大豆には元々ビタミンKは含まれていませんが、納豆菌が繁殖する際に大豆のたんぱく質を分解して造られる物質がビタミンKなのだそうです。

 

その他、ビタミンKを多く含む食品ではモロヘイヤ、春菊、かぶの葉の部分、バジル、味付け海苔、抹茶(粉)、わかめなど。
また、ほうれん草、菜の花、ニラ、ひじきなどにも含まれています。

これらの食品を効率よく摂ることが骨粗鬆症予防に効果があるということです。
 

ビタミンKを上手に吸収する方法

ビタミンKを効率よくとる方法は、油と一緒にとることで吸収率が高まります。

納豆だと磯辺揚げ風にしたり、納豆天などがおすすめですね。

また、丸大豆納豆と挽きわり納豆では、挽きわりを選んだ方がビタミンKの量が1.5倍多いそうです。

しかも、賞味期限ギリギリだとさらにビタミンKは増えるようです。

納豆はその他にも、血液サラサラ効果のあるイソフラボンが多く含まれていたり、便秘の解消などにも良いとされています。

年齢が高まるにつれ積極的に食べたい食品ですね。

 

さいごに

骨粗鬆症は自覚のない病気で、骨折して始めて知る人も多いそうです。

普段から検診で骨密度を測ったり、ビタミンKを積極的に摂取して強い骨を作っておくことで骨粗鬆症予防を心がけることが大切なようです。

 







-健康

執筆者:

関連記事

花粉症危険度チェック

花粉の飛ぶ季節になりました。 去年ほどの飛散量ではないそうですが中国からのPM2.5と相まって、以前より発症リスクが高くなっているといいます。   花粉症の方は、今では花粉の飛び始める前に薬 …

低温殺菌牛乳のおさらい

牛乳の中でも低温殺菌された牛乳をよく見かけるようになりました。 子供の口に入れるものはできるだけ素材にはこだわりたくなります。 牛乳を選ぶときも、低温殺菌とかノンホモの表示を見るたび何となく選んでしま …

冷蔵庫に入れてはいけない【野菜や果物の保存方法】

先日、実家から桃が送られてきました。 この桃、冷蔵庫に入れるべきかどうか迷ったので保存方法について調べてみることにしました。 すると桃以外にも野菜や果物の保存方法、 けっこう間違えてることに気づいたの …

子供部屋をお掃除する前に

夏の終わり、まだまだ蒸し暑い日が続きます。 湿気も以外と高まっているようです。 子供の手足のあちこちに虫に刺されような跡があるので、 もしかしたら子供部屋に嫌な虫がいるのかもしれません。   …

首にある椎間板

手足のしびれやつまづきの原因にもなっている首の骨のズレと改善方法

パソコンやスマホなどの時の姿勢や、普段の睡眠の仕方によって首の骨がずれてしまっている人が多いそうです。 たけしの「みんなの家庭の医学」によると、一般の男女1302名の首を調べたところ44%の方の首の骨 …