Papa Lohas

LOHASで健康的な子育てを目指すパパブログ。小学生になった息子の学習の取り組みについての話題。

健康

くしゃみや鼻水の原因は花粉症ではないかもしれませんよ!

投稿日:2013年3月21日 更新日:

先日来の暖かなぽかぽか陽気のあと、昨夜は吹き荒れる風がすごかったですね。

週末にかけてまた寒さが戻ってくるそうですが、寒暖の差が以前にもまして激しくなっているような気がします。

この時期、くしゃみや鼻水といった症状が出始め花粉症の対策をとってらっしゃる方も多いと思いますが、その症状の原因は花粉だけではないようです。

SPONSORED LINK

寒暖差アレルギー

寒暖差アレルギー

気温の乱高下の続くこの季節、先日など25度から5度へと20℃も急降下。

この急激な温度変化が、体調異常を引き起こすそうです。

 

ぽかぽか陽気で拡張した血管が、急激な寒暖差で収縮を起こします。

鼻の粘膜などを刺激して鼻炎を引き起こしたり、自律神経を乱したりするそうです。

 

寒暖差アレルギーの特徴

  • くしゃみ
  • 鼻水
  • 鼻づまり
  • 自律神経の乱れなどにより、睡眠不足や疲れイライラ

 

寒暖差アレルギーの対処法

マスクを付ける

気管に入ってくる温度を一定に保ち、保湿効果もあります。
花粉やダストなど刺激物を遮断することも大切です。

服装の注意

気温に合わせて体を冷やさない工夫が必要になります。
特に冷たい風があたる首周りを冷やさないことが大切なようです。

温かいお風呂

以前こちらでご紹介した、2~3日に1度は42度くらいの熱めのお湯に入る、
熱ショックタンパク質を増やす温浴法は有効な気がします。

血行を良くする

生姜を使った料理や生姜茶など有効のようです。
生姜には代謝を良くし体温を高める作用があるようです。

首元、背中のあたりを温めるのも効果的だそうです。

暖めたタオルなどを使ってその部分を温めておくと全身がぽかぽかとして気持ち良いです。

その他、日頃の運動により汗をかいて代謝を良くしておくとこのような症状を起こしにくいと言われています。

つまり、運動不足が引き起こしているのかもしれませんね。







-健康

執筆者:

関連記事

体調を崩す前に!秋の風邪予防

例年、この時期の平均気温の寒暖差は3.9度くらいですが、今年の10月、平均気温の寒暖差は10.6度と急激な温度変化となっているようです。

あさイチ!で特集のこれはホント?風邪の新常識

全国的に寒さが増し、 風邪やインフルエンザが流行し始める季節になりました。 急激な冷え込みで注意したいのは身体の冷えによる免疫力の低下です。   あさイチ!で風邪についての特集が組まれていま …

首にある椎間板

手足のしびれやつまづきの原因にもなっている首の骨のズレと改善方法

パソコンやスマホなどの時の姿勢や、普段の睡眠の仕方によって首の骨がずれてしまっている人が多いそうです。 たけしの「みんなの家庭の医学」によると、一般の男女1302名の首を調べたところ44%の方の首の骨 …

風邪予防や花粉対策に効果的なマスク方法

風邪予防や花粉対策に効果的なマスク方法

インフルエンザ対策や花粉を防ぐために
マスクを着用する方も多いと思います。
マスクをしていればとりあえずは安心、と思っていたら
なんと、マスクには意外な落とし穴があったのです。
誤った方法で装着していると、
いくら高価な99%ウイルス除去率のマスクを使ってもまったく効果はありません。

シワができにくくなるお風呂の温度は42℃

シワができにくくなるお風呂の温度は42℃がベスト

ちょっと高めの熱で身体を温めると、熱から身体を守ろうとする「熱ショックタンパク質(HSP)」の活動が活発になるそうです。