Papa Lohas

LOHASで健康的な子育てを目指すパパブログ。小学生になった息子の学習の取り組みについての話題。

小学生

ゴースト暗算の入門編で子供と九九の練習

投稿日:2013年6月6日 更新日:

ゴースト暗算は以前テレビでなんどか特集も組まれ話題となった計算方法です。
過去記事→ゴースト暗算

 

この計算式を使うと99×99までパッと答えられるようになるのですが、まずは簡単な計算ルールを覚えなくてはなりません。

 

入門用として2桁×1桁の問題をこなしながら、 お魚の身体としっぽの部分に数字を入れるパターンを身につけます。

 

入門用ドリル

小学校2年生から、となっていたので購入して子どもと取り組んでみました。

2ケタ×1ケタの暗算プリント 入門編

小学校での掛け算九九は、小2の後期からとなっているようですが、九九を覚え始めのうちの子供にはちょうど良いドリルです。

入門編ドリルでは、基本的なゴースト暗算のルールを覚えながら計算式を記入していきます。

基本、1桁×1桁と足し算がわかれば答えが出ます。

何度か練習を繰り返し、今度は途中の計算式を飛ばして、頭のなかでイメージしながら最後の計算式を記入するようなドリルスタイルです。

子供と取り組み初めて日は浅いですが、このドリルを一冊やり終わる頃には九九だけでなく2桁×1桁まで一気に行けそうな感じです。

九九を覚えながら、お魚でゴースト暗算の基礎も同時に学べるのが良いですね。

入門編の次は、

と進めるようになっています。

いつの間にか、このゴースト暗算も3桁の計算方法や、2桁÷2桁なんてのも出ているようです。

 







-小学生
-

執筆者:

関連記事

ゴースト暗算で二桁の掛け算方法が早すぎる

ゴースト暗算で二桁の掛け算方法が早すぎる

ゴースト暗算とは、おさかなのイラストが特徴の
99×99の計算がパッと暗算で出来るようになるという計算方法です。
最近、様々なテレビに取り上げられて話題になっているようです。
こんな計算方法小学生のうちから知っていたら、もうちょっと楽だったのに。

宮本算数教室

宮本算数教室の賢くなるパズルで足し算暗算のトレーニング

中学受験関係者の中で、今注目を集めている学習塾に宮本算数教室があります。
小学3年生から6年生までが通学する算数塾なのですが、ここを出た子どもたちが次々と首都圏の難関中学に合格しているそうです。各学年20名ほどの小さな塾なのですが、入塾は先着順の無試験のためキャンセル待ちが500名という超人気塾です。場所は以前の横浜から中央区へ移転しているようです。
どんな教え方をしているのかというと、
「教えることは子どもの考える機会を奪うことにほかならない」
だから、
先生は何も教えない、質問にも答えない・・
そうです。
塾では、とことん自分で考えさせ自力で答えを出す訓練を行うという指導法。
最も速い子供に合わせたスピードで進むというのが特徴なので、
競い合う雰囲気と、解く喜びをうまく引き出していってるのだと思います。
小学校3年生の1年間は「パズルクラス」でひたすらパズル解きに集中させるそうです。ここでみっちり集中力と自己解答力を養うといいます。

小学生の算数を面白くするテレビ番組

小学2年の息子に「好きな教科は何?」 って聞いたら「算数」と答えました。 ちょっと意外でしたが、低学年のうちは楽しいのでしょうかね。   先日行われた塾主催の全国模試では、 国語が散々だった …

中学受験を目指す小学生の保護者向け「わが子に学びの楽しさが伝わる親の関わりについて」

日能研ディスカバリークラブの保護者向けの講演会に参加してきました。

中学受験を目指す小学生を持つ親の子供との関わりについての内容でしたが、
高校、大学、社会が今求める人材はどういうものかというお話です。

相対性理論がわかりやすい!今回の100分de名著はアインシュタイン

時間がとまる?空間が縮む?難しいお話だけでなく、アニメでわかりやすく解説してくれるので子供と一緒に観られます!