Papa Lohas

LOHASで健康的な子育てを目指すパパブログ。小学生になった息子の学習の取り組みについての話題。

小学生

全国学力テストで秋田が1位の理由とは?

投稿日:2013年8月27日 更新日:

全国小中学校の学力テストの結果が出ましたが、秋田県がまたまた1位を獲得したようです。 これまで小学生で6回連続、中学生で2回連続のトップです。

 

強さの秘密はなんなのでしょうか?

 

小学生を持つ親としては気になったのでネットで理由をいろいろ拾ってみました。

SPONSORED LINK

 

少人数制

 

秋田県は現在急激な少子高齢化が進んでいるそうです。

そのため学校では少人数学級が増え、 先生の目が行き届いたきめの細かい授業が行えるようになった…

という背景があるようです。

 

 

学校に対する信頼

 

ニュースを見ていると全国的に学校、教職員、親の信頼関係は年々低下していく一方に感じますが、 秋田県や福井県などの成績上位県では他府県に比べ学校、行政、親との協力関係がまだまだ良さそうな印象です。

 

先生ものびのびと熱心な指導を行いやすい環境にあるのかもしれません。

 

しかも、毎年トップだと、全国から注目の的となり先生もたくさん押し寄せてきます。
必然的に秋田の先生方も熱心になるでしょうね。

 

秋田県が成績トップにもかかわらず、塾通いの生徒数が全国最低なのも 学校が健全に機能しているからなのでしょう。

 

 

上位成績者の共通点

 

上位成績者にアンケートを取ってみた結果、以下の様な特徴がみられたそうです。

  • ノートを丁寧に書く
  • 毎日朝食を食べている
  • 学校での出来事を家の人と話す
  • 携帯電話の使い方について、家の人との約束を守っている

 

「ノートを丁寧に」はポイントのような気がします。
ノートの上手な書き方って学校ではあまり教えてくれないんですよね。
そのあたり、きめ細かくやってるのかもしれません。

あとは、気の散らない子どもに育てないよう、家庭がしっかりしなければなりませんね。

 

 

その他

 

秋田在住の学生によると、他府県に比べ宿題が非常に多いそうです。
また、少人数制の授業では先生も1人ではなく、2,3人つく授業ももよくあるそうです。

 

ただ一方で、秋田の成績は平均点でトップでも飛び抜けた優秀者は少なく、成績下位者が少ないことも 平均点を押し上げた理由に上がっていました。

 

今回の全国学力テストでは、首都圏などの優秀な学生の通う私立学校は入っておらず、公立学校のみの平均値です。

実態とは若干かけ離れているとは思いますが、勉強に向かう姿勢は学びたいですね。

 







-小学生

執筆者:

関連記事

畳の部屋で勉強すると集中力が高まる!?

「漢検ジャーナル」を見ていたら、面白いことが書いてありました。畳の部屋で勉強すると成績が良くなるそうです。

中学受験を目指す小学生の保護者向け「わが子に学びの楽しさが伝わる親の関わりについて」

日能研ディスカバリークラブの保護者向けの講演会に参加してきました。

中学受験を目指す小学生を持つ親の子供との関わりについての内容でしたが、
高校、大学、社会が今求める人材はどういうものかというお話です。

漢字を習い始めの子供にちょうどいいiPhoneアプリ

学校の教科書やプリント、辞書などで漢字を調べるのは基本でしょうが、子供心には親の使っているiPadやiPhoneを触ってみたくなるものです。

世界算数

世界算数からの挑戦状に子供と挑戦

子供が学校から「世界算数」のパンフレットを持ち帰ってきました。 世界算数 (Global Math Challenge)はソニーコンピュータサイエンス研究所が運営するオンライン算数大会です。

宮本算数教室

宮本算数教室の賢くなるパズルで足し算暗算のトレーニング

中学受験関係者の中で、今注目を集めている学習塾に宮本算数教室があります。
小学3年生から6年生までが通学する算数塾なのですが、ここを出た子どもたちが次々と首都圏の難関中学に合格しているそうです。各学年20名ほどの小さな塾なのですが、入塾は先着順の無試験のためキャンセル待ちが500名という超人気塾です。場所は以前の横浜から中央区へ移転しているようです。
どんな教え方をしているのかというと、
「教えることは子どもの考える機会を奪うことにほかならない」
だから、
先生は何も教えない、質問にも答えない・・
そうです。
塾では、とことん自分で考えさせ自力で答えを出す訓練を行うという指導法。
最も速い子供に合わせたスピードで進むというのが特徴なので、
競い合う雰囲気と、解く喜びをうまく引き出していってるのだと思います。
小学校3年生の1年間は「パズルクラス」でひたすらパズル解きに集中させるそうです。ここでみっちり集中力と自己解答力を養うといいます。