Papa Lohas

LOHASで健康的な子育てを目指すパパブログ。小学生になった息子の学習の取り組みについての話題。

健康

花粉食物アレルギーで注意したい食品

投稿日:2014年3月18日 更新日:

花粉症かも、と思ったら気をつけたいのが口にする物。

花粉の症状が出始めると特にフルーツは気をつけたいです。

花粉症の人が突然、食品で発症するものを花粉食物アレルギーと呼ぶそうです。

 

花粉症になると桃やチェリー、びわ、ナシなどのフルーツを食べて違和感がある場合は注意が必要です。

口にするだけで口が腫れたり、花粉症と同じような症状が出てしまいます。

食べ過ぎるとひどい場合には腹痛、下痢などを起こすといいます。

SPONSORED LINK

今朝の朝ズバでやっていましたが、

中には、

冷凍焼きそばで花粉食物アレルギーの症状が出ることもあるようです。

焼きそばの中に入っていたモヤシが原因でした。

 

スギ花粉やカバノキを原因とするアレルギーの場合、マメ科のもやしや豆乳、
バラ科のりんご、さくらんぼ、ひわ、桃などが該当するようです。

 

これらの食べ物は花粉と同じような構造を持ったタンパク質が原因で、体が花粉症と勘違いしてアレルギー反応を引き起こしてしまうようです。

全ての方が花粉食物アレルギーとなることはないようですが、容量を超えると危険なのかもしれません。

 

大丈夫だ!と思って食べ続けるのはやめましょう。

 

最近、特に豆乳による花粉食物アレルギーが多数報告されているそうです。

豆乳は健康に良いということでダイエット食品としてもよく飲まれている方も多いんだと思うのですが、豆乳ばかり大量に飲んでいると、ある日突然花粉食物アレルギーを引き起こす可能性があるようです。

 

国民生活センターにも注意喚起が出されています。

豆乳等によるアレルギーについて-花粉症(カバノキ科花粉症)の方はご注意を-http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20131205_1.html

 

大豆で食物アレルギーを引き起こすようになると食べる食品がかなり制限されるようになってしまいます。

スーパーで売られている加工食品には大豆が含まれているものが多いですから。

 

花粉別アレルギーを引き起こす食品

花粉の種類によって気をつけた方が良い食品が変わってくるようです。

花粉症を引き起こす花粉の種類を見極めることも大切かもしれませんね。

スギ・ひのき ・・ 豆、もやし、りんご、もも、チェリー、ナシ、トマト
シラカバ ・・ りんご、もも、チェリー、ナシ、イチゴ
ブタクサ ・・ すいか、メロン、きゅうり、バナナ







-健康

執筆者:

関連記事

子どもに甘いものがよくない理由

人間の脳の活動には糖類が必要です。 糖類には2種類あり、血糖値が上がるクイックカーボと消化に時間のかかるスローカーボに分類されています。 クイックカーボに分類される食べ物は清涼飲料水や、菓子パンなど砂 …

眠気をスッキリ解消法

眠気スッキリ解消法

春になってくるとよく寝たつもりでもなかなか眠気が取れないものです。
これは眠気を調節する神経系のバランスに乱れが生じることが原因だと言われています。
寒かった冬が終わり春が来ると日照時間も長くなって気温が上昇します。
その変化に体がついていかないと、眠気を調節する自律神経のバランスに乱れが生じて昼間になっても眠くなることがあります。
ゴールデンウィークになると家族そろって車でお出かけする機会もあると思いますが、
運転中の眠気解消にも参考になる方法がすご技Qで紹介されていました。

生肉は加熱して

食中毒の原因と家庭でできる予防法

食中毒の原因は主に細菌とウィルスです。この時期になると特に細菌による食中毒が急激に増えてきます。 湿度と気温の高くなる5月ごろから増え始め、8月から9月にかけてピークを迎えます。   高温多 …

コーヒーとみかんの食べ合わせ

以前コーヒーとみかんの食べ合わせは良くないというような話を思い出しました。

子どもが指しゃぶりする訳

小学校1年生に上がった息子。 ひとりで信号を渡り、電車にも乗って毎日学校まで通っています。   いろんな面で、幼稚園の時とは比べ物にならないくらい自立しているように思えます。 今までとは違い …