Papa Lohas

LOHASで健康的な子育てを目指すパパブログ。小学生になった息子の学習の取り組みについての話題。

健康

花粉のアレルギーを和らげるお茶

投稿日:2014年4月3日 更新日:

SPONSORED LINK

空気が暖かくなり、あちらこちらで桜が花を咲かせています。
青い空と桜色に春を感じますが…

どうも最近、目が痒いです。

 

身体のいたるところも、何かに反応して赤くなったり痒くなったりしています。
季節の変わり目で反応を引き起こしやすい身体になっているのかもしれません。

 

きっかけは花粉でしょう。

身体が異物に反応してヒスタミンを出しているのです。
放っておくと症状は徐々に酷くなっていくといいます。

 

最近では、
鼻の周りにスプレーするとイオンの力で花粉を寄せ付けない、花粉ブロックスプレーがあるようですが、購入者に聞いた所、「くしゃみの回数は減る」くらいだとか。

 

まぁ、重症の方には良いのかもしれません。

日焼け止めのように一日に何度もスプレーしないと直ぐに花粉予防効果はなくなってしまうそうです。

イオンの力とは静電気のようなものでしょうか。

重症化する前に

アレルギー症状の軽い場合、
抗ヒスタミンや抗アレルギー薬を飲むほどでもありません。
眠くなったり、逆に慢性化しそうです。

薬をのむほどではない場合の対策としては「お茶」が良いかもしれません。

 

花粉などによるヒスタミンを抑える効果のあるものとしては「バラ科の甜茶」が有名です。 甜茶だけに含まれる甜茶ポリフェノールがヒスタミンの過剰分泌を鎮めてくれるそうです。

アレルギー全般に良いとされるお茶は「赤しそ」「ルイボスティー」「「べにふうき」などが有名です。 これらにはアレルギーを抑えると言われているポリフェノールやカテキンが豊富に含まれています。

特に赤しそに含まれているロズマリン酸と呼ばれるポリフェノールは花粉アレルギーに良いみたいです。

 

子供が幼いころはアレルギー体質だったため、家庭菜園で赤しそを育てて よく紫蘇ジュースを飲ませていました。

引越して家庭菜園をやめてから、 今ではすっかり飲んでいません。
市販で紫蘇ジュース買うと高いですからね。

 

赤シソと甜茶とクマザサ

赤シソと甜茶を同時に摂れるお茶、今はこれです。

赤シソ、甜茶にクマザサが加わっている3つのブレンドです。 →こちら

クマザサはニンニクにも負けないほどの必須アミノ酸が豊富に含まれている植物です。 葉緑素には強い抗酸化作用があり、クマザサの多糖類には傷ついた細胞を修復する作用があるようです。

異常細胞を元に戻すという効能に3・11後、一気に有名になりました。

この3つのブレンド成分、まろやかに効いてくれそうです。







-健康

執筆者:

関連記事

子どもに甘いものがよくない理由

SPONSORED LINK 人間の脳の活動には糖類が必要です。 糖類には2種類あり、血糖値が上がるクイックカーボと消化に時間のかかるスローカーボに分類されています。 クイックカーボに分類される食べ物 …

ケトン体ダイエット

ケトン体ダイエットで脱!糖質中毒

糖質中毒に陥ると、体内の余分な脂肪を燃焼させる際に出るケトン体と呼ばれる物質の分泌が
止まってしまい、脂肪はどんどん溜まる一方な不燃性の身体になってしまうとか。
そうなると、少々の運動でも変化は期待できなくなります。

骨粗鬆症予防に効く食品

骨粗鬆症予防に効く食品

骨粗鬆症とは骨の骨密度が減少して起こり、骨折しやすくなってしまう病気です。

女性に多い病気と思われがちですが、男性も加齢とともにリスクが高まると言われています。

その他、胃や肝臓の病気などをしている方、産後の女性、過度なダイエットでも危険が高まるようです。

今まで骨粗鬆症はカルシウム不足から起こる病気と言われていましたが、
最近の研究ではビタミンKの不足によって起こることも分かってきたそうです。

花粉食物アレルギーで注意したい食品

SPONSORED LINK 花粉症かも、と思ったら気をつけたいのが口にする物。 花粉の症状が出始めると特にフルーツは気をつけたいです。 花粉症の人が突然、食品で発症するものを花粉食物アレルギーと呼ぶ …

風邪予防や花粉対策に効果的なマスク方法

風邪予防や花粉対策に効果的なマスク方法

インフルエンザ対策や花粉を防ぐために
マスクを着用する方も多いと思います。
マスクをしていればとりあえずは安心、と思っていたら
なんと、マスクには意外な落とし穴があったのです。
誤った方法で装着していると、
いくら高価な99%ウイルス除去率のマスクを使ってもまったく効果はありません。