Papa Lohas

LOHASで健康的な子育てを目指すパパブログ。小学生になった息子の学習の取り組みについての話題。

小学生

深海生物や南極、宇宙が探検できるキッズワンダープロジェクト

投稿日:2014年4月24日 更新日:

SPONSORED LINK

最近、やたらと深海魚が多く見つかったり新種の生物が発見されたりと 、
ちょっとした深海ブームになっているようです。

文部科学省では、キッズワンダープロジェクトという深海や、南極、宇宙が探検できる子供向けWEBコンテンツが用意されています。

ipadで閲覧中に辿り着いたのですが、Flashで作動するため残念ながら見ることが出来ません。子供をPCの前に座らせてさっそく深海ワンダーに挑戦してみました。

息子も潜水艇大好きですから、このコンテンツにワクワクです。

 wonder1

http://www.mext.go.jp/wonder/

 

キッズワンダーの探検は、深海ワンダー、南極ワンダー、宇宙ワンダーの3つ。

深海ワンダー

wonder2

探検の前に、TOP右下の「しんかい6500のすべて」より、潜水艇の基礎データを見ることが出来ました。

 

sinnkai6500deta

 

深海への冒険が始まると潜水艇のコクピット画面になります。

レバーを操作しながら船を動かして深海生物を追っていきます。

子供でも十分楽しめる簡単な操作です。

レーダー反応があるとそちらへ向かい、カメラで撮影するのがミッションです。

 

wonder4

 

徐々に深度を下げ、いくつかのミッションを進めていきます。

ミッション後半では流れの早い海流に乗ってしまい、操作がすこし難しくなります。撮影した写真はアルバムに保存され詳細を確認することも出来ます。

 

深海探検が終わると深海生物を自分でデザインして楽しめるコーナーがありました。

wonder6

デザインを終える潜水艇の操縦席へ戻り、みんながデザインした深海生物をみることもできます。

 

wonder7

キッズワンダープロジェクト、「深海ワンダー」はハイクオリティで楽しいコンテンツです。最近の子供達はこういうのが気軽に見られてホント良い環境です。

これは宇宙、南極も楽しみです。

深海生物の水族館

深海生物といえば、沼津に沼津港深海水族館というのがオープンしています。こちらのページでもここで出たような深海生物についての解説が見られました。

http://www.numazu-deepsea.com/dsfish1

 

沖縄美ら海水族館

深海魚のコーナーでは、深海に住む生物の深海魚マップを見ることが出来ます。

どの深度にどんな生物がいるのか一覧で見られて便利です。

 

3D-CT深海生物

東京大学大気海洋研究所のHPでは深海生物の詳細データとともに3D画像やCTしたスライス映像を見ることが出来ます。深海魚の内骨格などくっきり映しだされていて興味深いです。

3D-CT深海生物

3d-ct

 

深海のヒミツ特集 – Yahoo!きっず

「Yahoo!きっず深海のヒミツ特集」のページです。
子供向きに深海の魅力をわかりやすく解説しています。
キッズワンダーで出てきた「しんかい6500」のペーパークラフトがダウンロードできます。

sinkai6500-pepar

 

 







-小学生

執筆者:

関連記事

サンタクローズ

クリスマスとサンタさんの雑学

SPONSORED LINK 先日息子が、「どうしてクリスマス Christmasは、X’masと書いているの?」 と私に聞いてきたのですが、今日テレビを見ていてその理由がわかりました。 …

相対性理論がわかりやすい!今回の100分de名著はアインシュタイン

時間がとまる?空間が縮む?難しいお話だけでなく、アニメでわかりやすく解説してくれるので子供と一緒に観られます!

脱ゆとり教育

ゆとり教育の見直しで学校週6日制が復活?

文科省は公立小中高校の授業時間の見直しで、現在の週5日から土曜日授業の週6日制を検討しているようです。
週6日制は前回の衆議院戦で現在の自民党が政権公約に掲げたもの。
なにかと「ゆとり教育」が槍玉に挙げられていたようですが、大学生が分数の計算もできないような状況ではゆとり出し過ぎでしょう。

小学生漢字練習

小学二年生漢字一覧シートでなぞり練習

SPONSORED LINK 小学生になると次々に新しい漢字を覚え始めます。 小テストを見ているとちゃんと覚えているようですが、 字があまり上手とはいえません。 もっときれいな字が書けるように練習する …

日能研全国テスト

日能研全国テストに向けて小学2年の「わくわく!学習会」の感想

日能研の小学2年全国テストは7月7日に行われるそうですが、
その準備のための「わくわく!学習会」に母子で参加してきたようです。
学習会では国語と算数の過去問テストを題材に問題の解き方の
解説を受けながらテストにチャレンジします。
普段子供の勉強は父である私がが付き添って、学校の宿題のほか英語や算数の取り組みをやってきてはいましたが、今回、国語の問題を見て少々愕然としました。