Papa Lohas

LOHASで健康的な子育てを目指すパパブログ。小学生になった息子の学習の取り組みについての話題。

健康

頭皮の湿疹が原因でかさぶたに

投稿日:2014年5月17日 更新日:

SPONSORED LINK

頭皮に湿疹ができたようで、
気になって何度も触っていたらかさぶたになってしまいました。

こういう湿疹が頭皮にできるとなかなか治りが悪いです。

 

頭皮の湿疹は大きく分けて乾燥による皮脂欠乏性湿疹と皮脂分泌の多くなる脂漏性皮膚炎があるようです。頭皮の状態は脂っぽいというよりどちらかというと洗いすぎによる皮脂欠乏のほうです。

 

頭皮

皮脂欠乏性湿疹

皮脂欠乏性湿疹は頭皮の乾燥から起こる湿疹です。

洗いすぎにより皮膚のバリア機能が損なわれて過敏になってしまうことから起こってしまいます。

症状としては、湿疹もそうですが、洗っても洗ってもフケが気になってしまいます。洗い残しが無いように余計強く洗ってしまい、さらに頭皮を痛めつけてしまうという悪循環です。

シャンプーの時、強く地肌を擦ったり、間違った頭皮ブラシの使い方をしているといつまでたっても治りません。下手をすると薄毛の原因になってしまうかもしれません。

 

頭皮の湿疹対策

病院で受診するのが早いのかもしれませんが、日頃の習慣からくるものなので、できれば家で改善できることを探してみました。

 

皮脂欠乏性湿疹になって悪循環に陥っている場合、シャンプーを使わずにお湯だけで2~3分掛け流しを行うようにしてみるのが一番の方法です。掛け流しの際、頭皮を優しく揉むようにして、けっしてゴシゴシ洗ってはいけません。

 

髪の専門家によるとお湯で洗い流すだけでほとんどの汚れは洗い流されてしまうようです。

シャンプーは1~2日おきとか間隔を空けてみてもし、石油系のシャンプーを使っているようならアミノ酸系のシャンプーや無添加、弱酸性に変えるとより刺激が少ないそうです。

シャンプー後のすすきは洗う時間の2倍の時間をかけるくらいが目安になります。

 

リンスやトリートメントはできるだけ頭皮に接触させないようにすることも大切です。特にトリートメントは地肌につくと余計な刺激となり浸透力も速いためすすぎはスピーディーな方が良いようです。

 

頭皮の湿疹対策にはシャワー

シャンプー後は頭皮に椿油

シャンプー後はどうしても頭皮にうるおいがなくなってしまいます。それを防ぐ方法としてNHKの「あさイチ」でやっていた頭皮トラブルの特集では頭皮に椿油をつけるのが推奨されていました。昔から椿油は髪用の油として使われていますのでなるほどですね。

 

シャンプーの後、タオルで水分を拭き取ったら手に椿油を数滴垂らしすり合わせるように少し温めます。椿油が温まったら頭皮につけてタオルを巻いてしばらく置いておくと良いそうです。

髪にも馴染ませておくとツヤツヤになりますよ。 行きつけの美容師さんによると最近は米油も流行っているようですね。

 

自然乾燥はカビの元

髪はしばらく自然乾燥でした。

この話を聞くまでは..

 

知り合いが頭皮トラブルで病院に行った際、医師に聞いた話によると、頭皮かぶれなどの原因の多くは自然乾燥によるものだそうです。

お風呂から上がったらできるだけ早くドライヤーを当てて乾かしておかないと、カビの原因になったり、シラミの原因にもなってしまうそうです。

シラミは小学校のプリントが回ってきましたが小学生の間で密かに流行っているようです。シャンプー後、髪は自然乾燥させないようにして下さいと書かれてあります。

 

ドライヤーの熱はあまり髪には良くないのでは?

と思ってしまいますが、実際にはそうでもなくて、濡れた状態からドライヤーを当てると髪の表面や頭皮の水分は蒸発するけれど芯の部分はしっかり保水された状態となります。自然乾燥だと乾燥がゆっくりすぎるためよくないそうです。

 

医師によると生乾きの状態で皮脂が弱っているとカビがはえやすいそうです。そのまま寝てしまい、朝痒みがあるとかなりやばいですね。

枕カバーもできるだけ清潔に保っていたほうが良さそうです。

 

kannsou

頭皮トラブル時の食生活

刺激に敏感になっている状態では、食生活でも刺激物は控えたほうが良いかもしれません。脂肪酸、カフェインなどの刺激物は避け、緑黄色野菜、ポリフェノール系の抗酸化食品を摂るように心がけたいです。

 

さいごに

以前ダウンタウンの「100秒博士アカデミー」に出演されていた
頭髪博士 板羽忠徳先生の頭皮マッサージ法を思い出しました。
薄毛予防としての頭皮マッサージでしたが、シャンプーの仕方の中で、やはり「頭皮を指でゴシゴシこすってはダメ」と話していました。
頭皮の動きに合わせて揉むのが良いそうです。

68歳であのふさふさアタマの先生に言われると説得力あります。







-健康

執筆者:

関連記事

ノロウィルスを子供に感染させないために

1人、また1人と下痢や嘔吐などの症状で休む子ども達が出始めているようです。

2013年の花粉は大量飛散?花粉症の方は要注意!

L4youの花粉症治療最前線!効果的なのは初期療法

関東では雪もちらつき、一段と寒さが増してきました。
冬真っ盛りですが、花粉症の人にとってはまもなくつらい季節がやってきます。
鼻づまり、目の痒み、くしゃみなど、
花粉症の患者数は全国で3000万人以上、4人に1人が花粉症なのだそうです。
関東地方の花粉の飛散量は例年の1.5倍
去年と比べると3倍になる見込みです。
投稿記事→2013年の花粉は大量飛散?花粉症の方は要注意!

L4you(エル・フォー・ユー)の花粉対策特集では、
花粉症は早めの治療が効果的で、
早期に治療を開始することで症状を格段に軽くすることができる、と伝えています。

あさイチ!で特集のこれはホント?風邪の新常識

SPONSORED LINK 全国的に寒さが増し、 風邪やインフルエンザが流行し始める季節になりました。 急激な冷え込みで注意したいのは身体の冷えによる免疫力の低下です。   あさイチ!で風 …

子どもに牛乳飲ませてますか?

SPONSORED LINK 今、牛乳が心配です。 子どもにそのあたりで普通に売ってる牛乳を飲ませたくないです。 風評被害という言葉がチラついてしまいますが、 大手企業のやっている薄めればいいという発 …

はらすまダイエット

内臓脂肪を90日で落とすダイエット法

先日放送の「主治医が見つかる診療所」で、ダイエット法がいくつか紹介されていました。
年末年始に増えた内臓脂肪をリセットしましょうということで、目標は2kg減。
1kg減らすのに9000kcalだそうです。
番組では90日、30日、7日、3日コースと紹介していましたが、
習慣化するには90日ダイエットが一番楽そうです。
その他のダイエット法も、基本は摂取カロリーを減らすというものです。