Papa Lohas

LOHASで健康的な子育てを目指すパパブログ。小学生になった息子の学習の取り組みについての話題。

健康

素麺(そうめん)の具材って凄い栄養価!定番の薬味ランキング

投稿日:2014年8月9日 更新日:

SPONSORED LINK

素麺(そうめん)に使われている人気具材のランキングです。
料理学校の先生100人によるアンケートがTVで流れていました。
少しずついろいろな薬味で楽しめるのがそうめんの魅力。

味だけでなく、それぞれの具材には高い栄養価や嬉しい薬効もあるようなので調べてみました。

 

素麺

 

そうめんの具材人気ランキング

  1. みょうが
  2. ショウガ
  3. 青じそ
  4. ネギ
  5. ごま
  6. のり
  7. わさび
  8. 七味唐辛子
  9. 大根おろし

(料理学校の先生100人によるアンケート )

みょうが

みょうがに含まれる精油成分、アルファピネンには熱などでぼーっとした頭をしゃきっとする働きがあるそうです。

日中熱くて疲れたなーというときにはぴったりな薬味ですね。
ストレスを緩和させる作用や、辛味成分の中には胃液の分泌を高めて食欲を増進させる効果もあるようです。抗菌や消臭にもよく使われています。

しょうが

すりおろした生のしょうがには殺菌作用や抗酸化作用といった免疫を高めたり代謝を促進する効果があります。
ピリッとした辛味成分ジンゲロンは脂肪を分解して体を温める作用があることで知られています。
冷房で冷えた身体に良さそうです。

 

青じそ

栄養価が高くビタミンA、ビタミンC、カルシウム、カロテンなどが豊富に含まれています。食欲増進作用や気分をリラックスさせる効果もあるようです。
暑さで疲れた胃腸にもよさそうですね。

ごま

ごまに含まれる有効成分には、アルギニン、オレイン酸、リノール酸、セサミンなどがあり肝臓の働きを高めたり悪玉コレステロールを減らしてくれるひじょうにありがたい薬味です。
漢方では滋養強壮、老化防止などアンチエイジングとしても注目されています。
鉄分も多く含まれているので貧血の改善にも有効な食材です。

 

海苔

海苔は栄養バランスの非常に良い食品です。少量であってもビタミンCやカロテンはレモンやニンジンに引けを取りません。

タンパク質やアミノ酸のほか、EPAやタウリンなども含まれています。胃腸の修復効果のあるビタミンUも豊富に含まれているそうです。食物繊維も豊富なのでたっぷりかけて食べると良さそうです。

わさび

わさび

最近の研究でわさびの辛味成分スルフィニルには肌や肝機能を若返らせる効果があると話題になりアメリカでもブームになっています。
わさびの辛味成分にはその他、大腸菌やサルモネラ菌、O-157、黄色ブドウ球菌など多くの食中毒の原因となる菌の増殖を抑制する働きがあります。
スルフィニルなどの抗酸化物質を効率よく摂るには本わさびにこだわった方が良さそうです。

 

七味唐辛子

七味にはとうがらしやさんしょ、陳皮(ちんぴ)、麻の実などそれぞれ漢方として薬効のある薬味成分が含まれています。
とうがらしのカプサイシンは、唾液や胃液の分泌を促進する作用があり、山椒は胃もたれを改善したり胃を健康に保つ薬効が古くから知られています。フラボノイドやペクチンの含まれる陳皮(ちんぴ)にも似たような効果があり、漢方ではそれらをバランス良く配合することで相乗効果を高める薬味として民間でも常用されるようになりました。

大根おろし

大根はすりおろすことにより辛味成分イソチオシアナートという物質が出てくるそうですが、 これは免疫力を高めたり、がん細胞を抑制する効果があるようです。
そのままの大根でも・・と思うのですが、すりおろすことで大根の細胞が壊れ、これにより細胞内で化学反応が起きてはじめて生成されるものだそうです。大根の先端部分に行くほど多く含まれているようです。

 

さいごに

素麺(そうめん)といえば、炭水化物メインで栄養価も低くあまりビタミンが摂れないイメージを持っていましたが、 こうやって薬味を一つ一つ見ていくと、すごいポテンシャルですね。夏バテ防止や食欲不振などにもぴったりです。

そうめんをゆでている間、大根としょうがをすりおろすくらいの手間だけで済むのもお手軽で良いです。あとは、青じその千切りですね。その他の薬味は乾物でささっと用意できるものばかりです。

海苔と青じそはたっぷり用意しておくとビタミン類も十分です。

この中で、しょうがのすりおろしはそのままでは使ったことがありませんでした。 その代わりうちでは、生姜と豚肉を炒めて生姜焼きにしたものをトッピングとしてのせることがあります。醤油と味醂、砂糖で少し強めの味付けが良い感じです。
これもお勧めですよ!







-健康

執筆者:

関連記事

時々朝食でメタボリスク高まる!

時々朝食でメタボリスク高まる!

今朝やっていたメタボのニュース。
朝食を時々とる人はメタボになる確率が男性で1.9倍、女性で4.5倍になるという実験結果が出ているようです。
毎日食べている人と、殆ど食べてない人はあまり変化はなかったようですが、1週間のうち2日食べている人が一番リスクが高い結果だそうです。
食事のリズムが安定せずに、脂肪を体内に溜め込むスイッチが働きやすくなるってことでしょうね。朝食以外でも、たまのドカ食いやにわかダイエットも同様な事になるような気がします。大切なのは毎日の食事量やリズムなのでしょう。
本日、メタボ関係のもう一つのニュース

冷蔵庫に入れてはいけない【野菜や果物の保存方法】

SPONSORED LINK 先日、実家から桃が送られてきました。 この桃、冷蔵庫に入れるべきかどうか迷ったので保存方法について調べてみることにしました。 すると桃以外にも野菜や果物の保存方法、 けっ …

やけど

やけどの応急処置でアロエと馬油どっちが先?

SPONSORED LINK アイロンがけをしていた妻が手を滑らせてしまい、アイロンを足に落としてやけどを負ってしまいました。駆け寄ってみると赤く線になっています。ですが、幸いなことにそんなに深くはな …

今流行りの風邪ヘルパンギーナ

今流行りの風邪ヘルパンギーナとは?

SPONSORED LINK この夏流行中の夏風邪の一種「ヘルパンギーナ」が厚生労働省の公式Twitterで注意喚起されています。 東京都でも注意警報が出されていますが、西日本を中心に感染が広がってい …

はらすまダイエット8つのポイント

SPONSORED LINK はらすまダイエットとは、カロリーを運動と食事に分けてカードに視覚化し自分にあったダイエットを選んで実践する方法です。 はらすまの由来は.. 日立(Hitachi)の仲間( …